製品詳細

Protocols Proprietary, Wireless M-Bus (T, S, C mode) Frequency bands (MHz) 300-348, 387-464, 779-928 TX power (Max) (dBm) 12 Sensitivity (best) (dBm) -116 RX current (lowest) (mA) 14.3 Data rate (Max) (kbps) 500 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85
Protocols Proprietary, Wireless M-Bus (T, S, C mode) Frequency bands (MHz) 300-348, 387-464, 779-928 TX power (Max) (dBm) 12 Sensitivity (best) (dBm) -116 RX current (lowest) (mA) 14.3 Data rate (Max) (kbps) 500 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85
VQFN (RGP) 20 16 mm² 4 x 4
  • RF Performance
    • High sensitivity
      • –116 dBm at 0.6 kBaud, 433 MHz, 1% packet error rate
      • –112 dBm at 1.2 kBaud, 868 MHz, 1% packet error rate
    • Low current consumption (14.7 mA in RX, 1.2 kBaud, 868 MHz)
    • Programmable output power up to +12 dBm for all supported frequencies
    • Excellent receiver selectivity and blocking performance
    • Programmable data rate from 0.6 to 600 kbps
    • Frequency bands: 300-348 MHz, 387-464 MHz and 779-928 MHz
  • Analog Features
    • 2-FSK, 4-FSK, GFSK, and MSK supported as well as OOK
      and flexible ASK shaping
    • Suitable for frequency hopping systems due to a fast settling
      frequency synthesizer; 75 µs settling time
    • Automatic Frequency Compensation (AFC) can be used to align the frequency
      synthesizer to the received signal centre frequency
    • Integrated analog temperature sensor
  • Digital Features
    • Flexible support for packet oriented systems; On-chip support for
      sync word detection, address check, flexible packet length, and
      automatic CRC handling
    • Efficient SPI interface; All registers can be programmed with
      one "burst" transfer
    • Digital RSSI output
    • Programmable channel filter bandwidth
    • Programmable Carrier Sense (CS) indicator
    • Programmable Preamble Quality Indicator (PQI) for improved protection
      against false sync word detection in random noise
    • Support for automatic Clear Channel Assessment (CCA) before transmitting
      (for listen-before-talk systems)
    • Support for per-package Link Quality Indication (LQI)
    • Optional automatic whitening and de-whitening of data
  • Low-Power Features
    • 200 nA sleep mode current consumption
    • Fast startup time; 240 µs from sleep to RX or TX
      mode (measured on EM reference design [1] and [2])
    • Wake-on-radio functionality for automatic low-power RX polling
    • Separate 64-byte RX and TX data FIFOs (enables burst mode data transmission)
  • General
    • Few external components; Completely on-chip frequency synthesizer, no external
      filters or RF switch needed
    • Green package: RoHS compliant and no antimony or bromine
    • Small size (QLP 4x4 mm package, 20 pins)
    • Suited for systems targeting compliance with EN 300 220 (Europe) and
      FCC CFR Part 15 (US)
    • Suited for systems targeting compliance with the Wireless MBUS standard EN 13757-4:2005
    • Support for asynchronous and synchronous serial receive/transmit mode for backwards
      compatibility with existing radio communication protocols
  • Improved Range using CC1190
    • The CC1190 [21] is a range extender for 850-950 MHz and is an ideal
      fit for CC1101 to enhance RF performance
    • High sensitivity–118 dBm at 1.2 kBaud, 868 MHz, 1% packet error
      rate–120 dBm at 1.2 kBaud, 915 MHz, 1% packet error rate
    • +20 dBm output power at 868 MHz
    • +27 dBm output power at 915 MHz
    • Refer to AN094 [22] and AN096 [23] for more performance figures of the
      CC1101 + CC1190 combination
  • Reduced Battery Current using TPS62730
    • The TPS62730 [26] is a step down converter with bypass mode for
      ultra low power wireless applications
    • In RX, the current drawn from a 3.6 V battery is typically less than
      11 mA when TPS62730 output voltage is 2.1 V. When connecting CC1101
      directly to a 3.6 V battery the current drawn is typically 17 mA
    • In TX, at maximum output power (+12 dBm), the current drawn from a
      3.6 V battery is typically 22 mA when TPS62730 output voltage is 2.1 V.
      When connecting CC1101 directly to a 3.6 V battery the current drawn is
      typically 34 mA
    • When CC1101 enters SLEEP mode, the TPS62730 can be put
      in bypass mode for very low power down current
    • The typical TPS62730 current consumption is 30 nA in bypass mode.
    • The CC1101 is connected to the battery via an integrated 2.1 Ω (typical)
      switch in bypass mode
  • RF Performance
    • High sensitivity
      • –116 dBm at 0.6 kBaud, 433 MHz, 1% packet error rate
      • –112 dBm at 1.2 kBaud, 868 MHz, 1% packet error rate
    • Low current consumption (14.7 mA in RX, 1.2 kBaud, 868 MHz)
    • Programmable output power up to +12 dBm for all supported frequencies
    • Excellent receiver selectivity and blocking performance
    • Programmable data rate from 0.6 to 600 kbps
    • Frequency bands: 300-348 MHz, 387-464 MHz and 779-928 MHz
  • Analog Features
    • 2-FSK, 4-FSK, GFSK, and MSK supported as well as OOK
      and flexible ASK shaping
    • Suitable for frequency hopping systems due to a fast settling
      frequency synthesizer; 75 µs settling time
    • Automatic Frequency Compensation (AFC) can be used to align the frequency
      synthesizer to the received signal centre frequency
    • Integrated analog temperature sensor
  • Digital Features
    • Flexible support for packet oriented systems; On-chip support for
      sync word detection, address check, flexible packet length, and
      automatic CRC handling
    • Efficient SPI interface; All registers can be programmed with
      one "burst" transfer
    • Digital RSSI output
    • Programmable channel filter bandwidth
    • Programmable Carrier Sense (CS) indicator
    • Programmable Preamble Quality Indicator (PQI) for improved protection
      against false sync word detection in random noise
    • Support for automatic Clear Channel Assessment (CCA) before transmitting
      (for listen-before-talk systems)
    • Support for per-package Link Quality Indication (LQI)
    • Optional automatic whitening and de-whitening of data
  • Low-Power Features
    • 200 nA sleep mode current consumption
    • Fast startup time; 240 µs from sleep to RX or TX
      mode (measured on EM reference design [1] and [2])
    • Wake-on-radio functionality for automatic low-power RX polling
    • Separate 64-byte RX and TX data FIFOs (enables burst mode data transmission)
  • General
    • Few external components; Completely on-chip frequency synthesizer, no external
      filters or RF switch needed
    • Green package: RoHS compliant and no antimony or bromine
    • Small size (QLP 4x4 mm package, 20 pins)
    • Suited for systems targeting compliance with EN 300 220 (Europe) and
      FCC CFR Part 15 (US)
    • Suited for systems targeting compliance with the Wireless MBUS standard EN 13757-4:2005
    • Support for asynchronous and synchronous serial receive/transmit mode for backwards
      compatibility with existing radio communication protocols
  • Improved Range using CC1190
    • The CC1190 [21] is a range extender for 850-950 MHz and is an ideal
      fit for CC1101 to enhance RF performance
    • High sensitivity–118 dBm at 1.2 kBaud, 868 MHz, 1% packet error
      rate–120 dBm at 1.2 kBaud, 915 MHz, 1% packet error rate
    • +20 dBm output power at 868 MHz
    • +27 dBm output power at 915 MHz
    • Refer to AN094 [22] and AN096 [23] for more performance figures of the
      CC1101 + CC1190 combination
  • Reduced Battery Current using TPS62730
    • The TPS62730 [26] is a step down converter with bypass mode for
      ultra low power wireless applications
    • In RX, the current drawn from a 3.6 V battery is typically less than
      11 mA when TPS62730 output voltage is 2.1 V. When connecting CC1101
      directly to a 3.6 V battery the current drawn is typically 17 mA
    • In TX, at maximum output power (+12 dBm), the current drawn from a
      3.6 V battery is typically 22 mA when TPS62730 output voltage is 2.1 V.
      When connecting CC1101 directly to a 3.6 V battery the current drawn is
      typically 34 mA
    • When CC1101 enters SLEEP mode, the TPS62730 can be put
      in bypass mode for very low power down current
    • The typical TPS62730 current consumption is 30 nA in bypass mode.
    • The CC1101 is connected to the battery via an integrated 2.1 Ω (typical)
      switch in bypass mode

CC1101 is a low-cost sub-1 GHz transceiver designed for very low-power wireless applications. The circuit is mainly intended for the ISM (Industrial, Scientific and Medical) and SRD (Short Range Device) frequency bands at 315, 433, 868, and 915 MHz, but can easily be programmed for operation at other frequencies in the 300-348 MHz, 387-464 MHz and 779-928 MHz bands.

The RF transceiver is integrated with a highly configurable baseband modem. The modem supports various modulation formats and has a configurable data rate up to 600 kbps.

CC1101 provides extensive hardware support for packet handling, data buffering, burst transmissions, clear channel assessment, link quality indication, and wake-on-radio.

The main operating parameters and the 64- byte transmit/receive FIFOs of CC1101 can be controlled via an SPI interface. In a typical system, the CC1101 will be used together with a microcontroller and a few additional passive components.

The CC1190 850-950 MHz range extender [21] can be used with CC1101 in long range applications for improved sensitivity and higher output power.

CC1101 is a low-cost sub-1 GHz transceiver designed for very low-power wireless applications. The circuit is mainly intended for the ISM (Industrial, Scientific and Medical) and SRD (Short Range Device) frequency bands at 315, 433, 868, and 915 MHz, but can easily be programmed for operation at other frequencies in the 300-348 MHz, 387-464 MHz and 779-928 MHz bands.

The RF transceiver is integrated with a highly configurable baseband modem. The modem supports various modulation formats and has a configurable data rate up to 600 kbps.

CC1101 provides extensive hardware support for packet handling, data buffering, burst transmissions, clear channel assessment, link quality indication, and wake-on-radio.

The main operating parameters and the 64- byte transmit/receive FIFOs of CC1101 can be controlled via an SPI interface. In a typical system, the CC1101 will be used together with a microcontroller and a few additional passive components.

The CC1190 850-950 MHz range extender [21] can be used with CC1101 in long range applications for improved sensitivity and higher output power.

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品。
CC110L アクティブ バリュー・ライン Sub-1GHz ワイヤレス・トランシーバ This product is a cost-optimized Sub-1 GHz RF transceiver with the same RF characteristics and pin-to-pin compatible with CC1101.

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
61 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート CC1101 Low-Power Sub-1 GHz RF Transceiver データシート (Rev. I) 2013年 11月 5日
* エラッタ CC1101 Errata Note (Rev. E) 2015年 9月 25日
* 放射線と信頼性レポート CC1101 Reliability Report 2008年 2月 26日
セレクション・ガイド Leitfaden zur Auswahl drahtloser Kommunikationstechnologie (Rev. B) 2022年 3月 7日
セレクション・ガイド ワイヤレス・コネクティビティ技術セレクション・ガイド (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2022年 3月 7日
セレクション・ガイド 無線連線技術選擇指南 (Rev. B) 2022年 3月 7日
セレクション・ガイド 무선 연결 기술 선택 가이드 (Rev. B) 2022年 3月 7日
アプリケーション・ノート DN035 -- Antenna Quick Guide (Rev. B) 2022年 2月 9日
アプリケーション・ノート Debugging Communication Range (Rev. A) PDF | HTML 2019年 5月 23日
アプリケーション・ノート DN507 DEC Decoding 2019年 3月 21日
ホワイト・ペーパー Migrating your proprietary solution to the SimpleLink™ WMCU 2018年 11月 7日
アプリケーション・ノート CC11xx Sensitivity Versus Frequency Offset and Crystal Accuracy (Rev. D) PDF | HTML 2018年 9月 27日
アプリケーション・ノート CRC Implementation (Rev. E) PDF | HTML 2018年 9月 27日
技術記事 An out-of-the-box Internet of Things: building a seamless and secure smart home network 2018年 6月 12日
技術記事 Thread vs. Zigbee – what’s the difference? 2018年 5月 16日
技術記事 Your microcontroller deserves a nap – designing “sleepy” wireless applications 2018年 3月 28日
アプリケーション・ノート Achieving Optimum Radio Range (Rev. A) 2017年 9月 5日
技術記事 SimpleLink™ MCU SDKs: Breaking down TI Drivers 2017年 4月 12日
その他の技術資料 無線通信ソリューション 2015年 11月 4日
アプリケーション・ノート CC11x and CC112x Example and Range Test Software for MSP430-Based LaunchPads 2015年 10月 19日
アプリケーション・ノート TI LPRF EASYMODE 2014年 12月 12日
ホワイト・ペーパー 6LoWPAN Overview 2014年 10月 28日
アプリケーション・ノート Antenna Diversity 2014年 10月 23日
アプリケーション・ノート Considerations for Final Test of Products Containing Wireless Technologies 2014年 10月 1日
アプリケーション・ノート DN024 -- 868 MHz, 915 MHz and 955 MHz Monopole PCB Antenna (Rev. E) 2013年 2月 22日
アプリケーション・ノート Miniature Helical PCB Antenna for 868 MHz or 915/920 MHz 2012年 11月 27日
アプリケーション・ノート AN098 - Layout Review Techniques for Low Power RF Designs (Rev. A) 2012年 8月 2日
アプリケーション・ノート DN022 -- CC110x CC111x OOK ASK Register Settings (Rev. E) 2012年 3月 8日
アプリケーション・ノート 低消費電力RF 設計向けのレイアウト・レビュー技法 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2012年 3月 8日
その他の技術資料 Sub-1 GHz RF Performance and Value Line Brochure (Rev. B) 2012年 2月 13日
アプリケーション・ノート DN036 +20 dBm Transmit Power without using FHSS under FCC 15.247 (Rev. A) 2011年 11月 7日
アプリケーション・ノート DN025 -- Johanson Technology Matched Balun Filter optimized for CC1101 868/915MH (Rev. A) 2011年 10月 13日
アプリケーション・ノート DN023 -- 868 MHz, 915 MHz and 955 MHz Inverted F Antenna (Rev. C) 2011年 8月 30日
アプリケーション・ノート Basic RF Testing of CCxxxx Devices 2011年 8月 8日
アプリケーション・ノート AN095 -- Continuous Data Streaming Applications - Using Serial Synchronous Mode (Rev. A) 2011年 7月 18日
アプリケーション・ノート AN096 Using CC1190 Front End with CC1101 under FCC 15.247 (Rev. A) 2011年 5月 2日
アプリケーション・ノート CC1101-CC1190 application note 2011年 1月 11日
アプリケーション・ノート AN058 -- Antenna Selection Guide (Rev. B) 2010年 10月 6日
アプリケーション・ノート DN031 -- Design Notes 2010年 8月 26日
アプリケーション・ノート DN006 -- CC11xx Settings for FCC15.247 Solutions (Rev. B) 2010年 8月 17日
アプリケーション・ノート DN505 -- RSSI interpretation and timing (Rev. D) 2010年 6月 16日
アプリケーション・ノート Data Whitening and Random TX Mode 2010年 4月 12日
アプリケーション・ノート Implementing 'Diversity' Using Low Power Radios 2010年 1月 26日
アプリケーション・ノート DN107 -- DMA and Radio Configuration (Rev. A) 2009年 12月 17日
アプリケーション・ノート DN010 -- Close-in Reception with CC1101 (Rev. B) 2009年 7月 21日
アプリケーション・ノート DN009 -- Upgrading from CC1100 to CC1101 (Rev. A) 2009年 7月 16日
アプリケーション・ノート DN500 -- Packet Transmission Basics (Rev. C) 2009年 4月 6日
アプリケーション・ノート AN069 -- Low Cost Long Range One Way Audio Communications at 900 MHz (Rev. B) 2009年 3月 24日
アプリケーション・ノート DN111 - Current Consumption for a Polling Receiver (Rev. A) 2009年 3月 24日
アプリケーション・ノート DN300 -- SmartRF04EB Troubleshooting (Rev. B) 2009年 3月 24日
アプリケーション・ノート DN400 -- Interfacing CC1100 - CC2500 with MSP430 (Rev. A) 2009年 3月 24日
アプリケーション・ノート DN501 -- PATABLE Access (Rev. B) 2009年 3月 24日
アプリケーション・ノート AN047--CC1100/CC2500 Wake on Radio (Rev. B) 2009年 3月 23日
アプリケーション・ノート AN067 - Wireless MBUS Implementation with cc1101 and MSP430 (Rev. A) 2008年 11月 6日
アプリケーション・ノート DN017 -- CC11xx 868/915 MHz RF Matching (Rev. A) 2008年 3月 31日
アプリケーション・ノート DN013 -- Programming output powers on CC1101 (Rev. A) 2008年 1月 2日
アプリケーション・ノート LC フィルタの高周波減衰量を向上させる 2007年 11月 27日
アプリケーション・ノート DN503 -- SPI Access (Rev. B) 2007年 10月 22日
アプリケーション・ノート DN504 -- FEC Implementation (Rev. A) 2007年 10月 22日
アプリケーション・ノート DN506 GDO Pin Usage (Rev. A) 2007年 10月 22日
その他の技術資料 CC1101 Material content 2007年 7月 16日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

SMARTRFTRXEBK — SmartRF トランシーバ・モジュール評価ボード

SmartRF Transceiver 評価ボード(TrxEB)は、評価、性能テスト、ソフトウェア開発のため、TI のローパワー RF トランシーバと組み合わせて使用します。

以下のトランシーバ評価モジュールがサポートされています。

  • CC1101EM*
  • CC11xLEM*
  • CC112xEM*
  • CC1175EM*
  • CC1200EM*
  • CC2500EM
  • CC2520EM

(*) すべての周波数派生版、および CC1190 との組み合わせもサポートされています

評価モジュールは、TI ストアで別売りの EMK(評価モジュール・キット)の形で入手できます

SmartRF TrxEB を使用して実行できる作業

  • (...)
TI.com で取り扱いなし
デバッグ・プローブ

CC-DEBUGGER — デバッガおよびプログラマ、RF システム・オン・チップ用

The CC Debugger is a small programmer and debugger for the TI Low Power RF System-on-Chips. It can be used together with IAR Embedded Workbench for 8051 (version 7.51A or later) for debugging and SmartRF Flash Programmer for flash programming. The CC Debugger can also be used for controlling (...)

TI.com で取り扱いなし
インターフェイス・アダプタ

BOOST-CCEMADAPTER — EM アダプタ・ブースタパック

This BoosterPack kit contains one "EM Adapter BoosterPack". The purpose of the EM adapter board is to provide an-easy-to-use bridge between any of the TI MCU LaunchPads and the wide variety of TI RF evaluation modules (EM), for instance the CCxxxx Low-Power RF evaluation modules. No specific (...)

TI.com で取り扱いなし
計算ツール

SMARTRFTM-STUDIO SmartRF スタジオ

SmartRF™ Studio is a Windows application that helps designers of RF systems to easily evaluate the radio at an early stage in the design process for all TI CC1xxx and CC2xxx low-power RF devices. It simplifies generation of the configuration register values and commands, as well as practical (...)

サポートされている製品とハードウェア

サポートされている製品とハードウェア

製品
Bluetooth 製品
CC2540 USB 搭載、Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン CC2540T 拡張産業用温度範囲、Bluetooth® Low Energy (LE) ワイヤレス・マイコン CC2541 Bluetooth® Low Energy と独自ワイヤレスに対応するマイコン CC2541-Q1 車載認証済み、SimpleLink Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン CC2640 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン CC2640R2F 128kB フラッシュと 275kB ROM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン CC2640R2F-Q1 車載認証済み、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン CC2640R2L SimpleLink™ Bluetooth® 5.1 Low Energy ワイヤレス・マイコン CC2642R 352kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン CC2642R-Q1 車載認証済み、SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン CC2650 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン CC2650MODA 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・モジュール CC2652RB 水晶不使用、BAW 共振器搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F、マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン
MSP430 マイコン
CC430F6127 32KB フラッシュ、4KB SRAM、Sub-1GHz 無線、AES-128、I2C/SPI/UART、96 セグメント LCD 搭載、20MHz マイコン (MCU) CC430F6135 16KB フラッシュ、2KB SRAM、Sub-1GHz 無線、AES-128、12 ビット ADC、I2C/SPI/UART、96 セグメント LCD 搭載、20MHz マイコン (MCU) CC430F6147 32KB フラッシュ、4KB SRAM、Sub-1GHz 無線、AES-128、10 ビット ADC、I2C/SPI/UART、96 セグメント LCD 搭載、20MHz マイコン (MCU)
Sub-1GHz 製品
CC1020 402 ~ 470MHz と 804 ~ 940MHz 帯域の狭帯域アプリケーション向け、シングルチップ FSK/OOK CMOS ワイヤレス・トランシーバ CC1021 狭帯域アプリケーション向け、50kHz またはそれ以上のチャネル間隔、マルチチャネル FSK/OOK CMOS ワイヤレス・トランシーバ CC1070 Single-chip, Low-Power, Low-Cost CMOS FSK/GFSK/ASK/00K RF Transmitter for Narrowband & Multi-Ch apps CC1100 Highly Integrated MultiCh RF transceiver Designed for Low-Power Wireless apps CC1100E 中国と日本の周波数帯向け、低消費電力 Sub-1GHz ワイヤレス・トランシーバ CC1101 低消費電力 Sub-1GHz ワイヤレス・トランシーバ CC110L バリュー・ライン Sub-1GHz ワイヤレス・トランシーバ CC1110-CC1111 最大 32kB のフラッシュ・メモリ搭載、Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC1120 狭帯域システム向け、高性能 Sub-1GHz ワイヤレス・トランシーバ CC1121 高性能、低消費電力の Sub-1GHz ワイヤレス・トランシーバ CC1125 狭帯域システム向け、超高性能 Sub-1GHz ワイヤレス・トランシーバ CC113L バリュー・ライン Sub-1GHz ワイヤレス・レシーバ CC1150 低消費電力ワイヤレス・アプリケーション向けに設計済み、高集積マルチチャネル・ワイヤレス・トランスミッタ CC115L バリュー・ライン Sub-1GHz ワイヤレス・トランスミッタ CC1175 狭帯域システム向け、高性能ワイヤレス・トランスミッタ CC1201 低消費電力、高性能のワイヤレス・トランシーバ CC1310 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC1311R3 352KB フラッシュ搭載、SimpleLink™ Arm® Cortex®-M4F Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン CC1312R7 704KB フラッシュ搭載、SimpleLink™ Arm® Cortex®-M4F マルチプロトコル Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン CC430F5123 8kB フラッシュ、2kB RAM 搭載、16 ビット、超低消費電力 CC430 Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC430F5125 16kB フラッシュ、2kB RAM 搭載、16 ビット、超低消費電力 CC430 Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC430F5133 12 ビット ADC、8kB フラッシュ、2kB RAM 搭載、16 ビット、超低消費電力 CC430 Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC430F5137 12 ビット ADC、32kB フラッシュ、4kB RAM 搭載、16 ビット、超低消費電力 CC430 Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC430F5143 10 ビット ADC、8kB フラッシュ、2kB RAM 搭載、16 ビット、超低消費電力 CC430 Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC430F5145 10 ビット ADC、16kB フラッシュ、2kB RAM 搭載、16 ビット、超低消費電力 CC430 Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC430F5147 10 ビット ADC、32kB フラッシュ、4kB RAM 搭載、16 ビット、超低消費電力 CC430 Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU)
Wi-SUN 製品
CC1200 低消費電力、高性能のワイヤレス・トランシーバ CC1312R 352kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU)
Thread 製品
CC2538 512kB フラッシュと 32kB RAM 搭載、32 ビット Arm Cortex-M3 Zigbee と 6LoWPAN と IEEE 802.15.4 ワイヤレス・マイコン
Zigbee 製品
CC2430 システムオンチップ・ソリューション、2.4 GHz IEEE 802.15.4 / ZigBee™ 向け CC2431 システムオンチップ(SoC)ソリューション、ZigBee/IEEE 802.15.4 ワイヤレス・センサ・ネットワーク向け CC2520 第 2 世代 2.4GHz ZigBee/IEEE 802.15.4 ワイヤレス・トランシーバ CC2530 256kB フラッシュと 8kB RAM 搭載、Zigbee と IEEE 802.15.4 ワイヤレス・マイコン CC2531 最大 256kB のフラッシュと 8kB RAM 搭載、Zigbee と IEEE 802.15.4 ワイヤレス・マイコン CC2533 2.4GHz IEEE 802.15.4 および ZigBee アプリケーション用、真のシステム・オン・チップ・ソリューション CC2630 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Zigbee と 6LoWPAN ワイヤレス・マイコン
マルチプロトコル製品
CC1350 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 マルチプロトコル Sub-1GHz と 2.4GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC1352P パワー・アンプ内蔵、SimpleLink™ Arm Cortex-M4F マルチプロトコル Sub-1GHz と 2.4GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC1352P7 パワー・アンプ内蔵、SimpleLink™ Arm® Cortex®-M4F マルチプロトコル Sub-1GHz と 2.4GHz 対応のワイヤレス・マイコン CC1352R 352kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F マルチプロトコル Sub-1GHz と 2.4GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC2651R3 SimpleLink™ 32 ビット Arm® Cortex®-M4。352kB フラッシュ搭載、 シングル・プロトコル対応、2.4GHz ワイヤレス・マイコン CC2652P パワー・アンプ内蔵、SimpleLink™ Arm Cortex-M4F、マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン CC2652P7 704KB フラッシュと統合型パワー・アンプ搭載、SimpleLink™ Arm® Cortex®-M4F マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン CC2652R 352kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン CC2652R7 704KB フラッシュ搭載、SimpleLink™ Arm© Cortex©-M4F マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン CC2652RSIP 352kB メモリ搭載、SimpleLink™ マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・システム・イン・パッケージ・モジュール
その他のワイヤレス技術
CC2420 シングルチップ、2.4GHz、IEEE 802.15.4 準拠、および ZigBee™ 対応 RF トランシーバ CC2500 低消費電力ワイヤレス・アプリケーション向けに設計済み、2.4GHz ISM 帯域使用、低コスト、低消費電力、2.4GHz RF トランシーバ CC2510 8051 マイコン (MCU) と 16KB または 32 KB のメモリ搭載、2.4GHz 無線トランシーバ CC2510F8 2.4GHz 無線トランシーバ、8051 MCU/8 KB フラッシュ・メモリ CC2511 2.4 GHz 無線トランシーバ、8051 MCU、16 または 32 KB フラッシュ・メモリ、フル・スピード USB インターフェイス CC2511F8 2.4GHz 無線トランシーバ、8051 MCU/8 KB フラッシュ・メモリ/フルスピード USB インターフェイス CC2530-RF4CE 256kB フラッシュと 8kB RAM 搭載、Zigbee と IEEE 802.15.4 と RF4CE ワイヤレス・マイコン CC2531-RF4CE 最大 256kB のフラッシュと 8kB RAM 搭載、Zigbee と IEEE 802.15.4 と RF4CE ワイヤレス・マイコン CC2543 2.4GHz RF バリュー・ライン SoC、32kB フラッシュ/ 16 GPIO/ I2C/ SPI/ UART 付 CC2544 2.4GHz RF バリュー・ライン SoC、32kB フラッシュ、USB、SPI、および UART 搭載 CC2545 2.4GHz RF バリュー・ライン SoC、32kB フラッシュ/ 31 GPIO/ I2C/ SPI/ UART 付 CC2550 低価格 2.4 GHz トランスミッタ、2.4GHz ISM バンド低消費電力無線アプリケーション用 CC2620 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Zigbee® RF4CE ワイヤレス・マイコン (MCU) CC2662R-Q1 車載認証済み、ワイヤレス・バッテリ管理システム用途、SimpleLink™ ワイヤレス・マイコン
ハードウェア開発
BOOST-CCEMADAPTER EM アダプタ・ブースタパック BOOSTXL-CC1120-90 902MHz ~ 928MHz のアプリケーション向けブースタパック BOOSTXL-CC1125 868/915MHz アプリケーション向け CC1125 ブースタパック CC1120EMK-169 CC1120 評価モジュール・キット 169MHz CC1120EMK-420-470 CC1120 評価モジュール・キット 420 ~ 470MHz CC1120EMK-868-915 CC1120 評価モジュール・キット 868/915MHz CC1121EMK-868-915 CC1121 評価基板キット 868 ~ 915MHz CC1125DK CC1125 開発キット CC1150EMK-868 CC1150EMK 評価モジュール 868 MHz CC1175EMK-868-915 CC1175 評価基板キット 868 ~ 915MHz CC1200DK CC1200 開発キット CC1200EMK-420-470 CC1200 評価モジュール・キット 420 ~ 470MHz CC1200EMK-868-930 868 ~ 930MHz、CC1200 評価基板キット CC1201EMK-868-930 868 ~ 930MHz、CC1201 評価基板キット CC1350STK Simplelink CC1350 SensorTag Bluetooth / Sub-1GHz 長距離ワイヤレス開発キット CC2500EMK CC2500EMK 評価モジュール 2.4 GHz CC2510-CC2511DK CC2510/CC2511 開発キット CC2510DK-MINI CC2510 Mini 開発キット CC2520DK CC2520 開発キット CC2520EMK CC2520 評価モジュール・キット CC2530EMK CC2530 評価モジュール・キット CC2531EMK CC2531 USB 評価モジュール・キット CC2533DK-RF4CE-BA CC2533、RF4CE 開発キット CC2533EMK CC2533 評価モジュール・キット CC2538-CC2592EMK CC2538-CC2592 評価モジュール・キット CC2538DK CC2538 開発キット CC2538EMK CC2538 評価モジュール・キット CC2540EMK-USB CC2540 USB 評価モジュール・キット CC2541DK-MINI CC2541 ミニ開発キット CC2650STK SimpleLink SensorTag LAUNCHXL-CC1310 SimpleLink™ Sub-1GHz CC1310 ワイヤレス・マイコン LaunchPad™ 開発キット LAUNCHXL-CC1312R1 SimpleLink™ Sub-1GHz CC1312R ワイヤレス・マイコン(MCU)LaunchPad™ 開発キット LAUNCHXL-CC1350 SimpleLink™ デュアル・バンド CC1350 ワイヤレス・マイコン LaunchPad 開発キット LAUNCHXL-CC1350-4 433MHz/2.4GHz アプリケーション向け CC1350 デュアルバンド LaunchPad LAUNCHXL-CC1352R1 SimpleLink™ マルチバンド CC1352R ワイヤレス・マイコン LaunchPad™ 開発キット LAUNCHXL-CC2640R2 SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy CC2640R2 ワイヤレス・マイコン LaunchPad™ 開発キット LAUNCHXL-CC2650 CC2650 LaunchPad LAUNCHXL-CC26X2R1 SimpleLink™ マルチスタンダード CC26x2R ワイヤレス・マイコン向け LaunchPad™ 開発キット LP-CC2652RB SimpleLink™ 水晶発振子不使用 BAW CC2652RB マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン LaunchPad™ 開発キット LP-CC2652RSIP SimpleLink™ マルチプロトコル CC2652RSIP ワイヤレス・モジュール向け LaunchPad™ 開発キット SMARTRF06EBK SmartRF06 評価ボード SMARTRFTRXEBK SmartRF トランシーバ・モジュール評価ボード
開発キット
LP-CC1352P7 CC1352P7 LaunchPad™ development kit for SimpleLink™ multi-band wireless MCU LP-CC2652R7 CC2652R7 SimpleLink™ マルチスタンダード・ワイヤレス・マイコン向け LaunchPad™ 開発キット LP-CC1312R7 CC1312R7 SimpleLink™ マルチスタンダード・ワイヤレス・マイコン向け LaunchPad™ 開発キット LP-CC2651P3 CC2651P3 SimpleLink™ マルチスタンダード・ワイヤレス・マイコン向け LaunchPad™ 開発キット
ダウンロードオプション
サンプル・コードまたはデモ

CC1100 CC1101 CC1100E CC2500 Examples Libraries (Rev. F)

SWRC021F.ZIP (841 KB)
サポート・ソフトウェア

TrxEB RF PER Test Software (Rev. C)

SWRC219C.ZIP (571 KB)
計算ツール

PACKET-SNIFFER SmartRF プロトコル Packet Sniffer

SmartRF Packet Sniffer 2

SmartRF Packet Sniffer 2 includes software and firmware to capture and display over-the-air packets. The capture device is connected to the PC via USB. SmartRF Packet Sniffer 2 supports the CC13xx and CC26xx family of devices as capture device and uses Wireshark for packet (...)

計算ツール

RF-RANGE-ESTIMATOR TI RF 距離推定ツール

このツールにより、TI のワイヤレス・デバイスを使用した屋内外の RF リンク向けの実用的な距離概算機能を実現できます。屋外距離の場合、見通し距離(Line-of-Sight:LOS)をベースとして概算します。屋内距離の場合、Tx(送信)ユニットと Rx(受信)ユニット間に存在する建設資材を選択することができます。Tx ユニットと Rx ユニットの間に存在する建設資材の減衰が大きいほど、距離は短くなります。
計算ツール

SMARTRFTM-STUDIO SmartRF スタジオ

SmartRF™ Studio は TI のローパワー RF 製品の評価や構成に使用できる Windows アプリケーションです。RF システム設計プロセスの初期段階での無線の容易な評価を可能にします。特に、構成レジスタの値やコマンドの生成、RF システムの実地試験やデバッグに有用です。スタンドアロン・アプリケーションとしての使用、あるいは RF 製品に対応する評価ボードやデバッグ・プローブとの併用が可能です。

SmartRF™ Studio は TI のすべてのローパワー RF 製品をサポートしています。一部の旧製品と組み合わせて使用する際に、SmartRF™ (...)
ダウンロード・オプション
設計ツール

3P-WIRELESS-MODULES サードパーティ無線モジュール検索ツール

サード・パーティーのワイヤレス・モジュール検索ツールを使用すると、開発中の最終製品の仕様を満たす製品を特定し、製造に対応したワイヤレス・モジュールを調達することができます。この検索ツールに掲載されているサード・パーティーのモジュール・ベンダ各社は、TI のワイヤレス・コネクティビティ製品を活用したワイヤレス・モジュールの設計や製造に関する専門知識がある独立系サード・パーティー企業です。
設計ツール

SIMPLELINK-SUB1GHZ-DESIGN-REVIEWS Hardware design reviews for SimpleLink™ CC1xxx devices

SimpleLink Sub-1GHz ハードウェアの設計レビュー・プロセスの開始方法:
  • ステップ 1:レビューを依頼する前に、対応する製品ページ (以下の CC1xxx 製品ページへのリンクを参照) に掲載されている技術資料と設計や開発向けのリソースをお客様の側で参照することが重要です
  • ステップ 2:レビュー・プロセスを開始するために、申請フォームに情報を入力します。お客様が指定した E メール・アドレス宛てに TI のエキスパートが直接ご連絡を差し上げ、その後の手順についてご案内します。

SimpleLink (...)

回路図

CC1110EM JTI Balun 868/915 MHz design files CC1110EM JTI Balun 868/915 MHz design files

回路図

CC1101EM868-915MHz design files 3.0 (Rev. B) CC1101EM868-915MHz design files 3.0 (Rev. B)

回路図

CC1101EM434MHz design files 2.0.0 (Rev. A) CC1101EM434MHz design files 2.0.0 (Rev. A)

回路図

CC1101-CC1190EM 915MHz design files CC1101-CC1190EM 915MHz design files

回路図

RF3858-CC1101 design files (Rev. A) RF3858-CC1101 design files (Rev. A)

リファレンス・デザイン

CC-ANTENNA-DK-RD — Sub-1 GHz および 2.4 GHz アンテナ・リファレンス・デザイン

このアンテナ・ボード・リファレンス・デザインには、1GHz 未満および 2.4GHz の短距離ワイヤレス・システム向けのさまざまな低コストのアンテナ・ソリューションが含まれています。
リファレンス・デザイン

TIDM-LPBP-EMADAPTER — 評価モジュール(EM)アダプタ

This BoosterPack kit contains one "EM Adapter BoosterPack". The purpose of the EM adapter board is to provide an-easy-to-use bridge between any of the TI MCU LaunchPads and the vide variety of TI RF evaluation modules (EM), for instance the CCxxxx Low-Power RF evaluation modules. No specific (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
QFN (RGP) 20 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ