LAUNCHXL-CC1352P

SimpleLink™ マルチバンド CC1352P ワイヤレス・マイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キット

LAUNCHXL-CC1352P

購入

概要

この LaunchPad を使用した開発手順:
ステップ 1:CC1352P LaunchPad を購入
ステップ 2:CC13x2 SDK のダウンロード
ステップ 3:CC13x2 SimpleLink Academy のトレーニングを履修

CC1352P マルチバンド・ワイヤレス・マイコンは SimpleLink™ マイコン (MCU) プラットフォームに属しており、Wi-Fi®、Bluetooth® Low Energy、Sub-1GHz、Thread、Zigbee®、802.15.4、ホスト・マイコンで構成されています。どの通信プロトコルを実装する場合でも、単一のコア SDK (ソフトウェア開発キット) と豊富なツール・セットで構成された、使いやすい共通の開発環境を共有できます。SimpleLink プラットフォームは一度で統合を実現でき、製品ラインアップのいずれのデバイスの組み合わせでも設計に追加できることから、設計要件変更の際もコードの 100% 再利用が可能です。この LaunchPad キットは Code Composer Studio™ と IAR Embedded Workbench® 統合開発環境(IDE)によるプログラミングとデバッグをサポートしています。

この LaunchPad を活用して、CC1352P と CC2652P の各デバイスの開発を開始できます。20dBm の PA (パワー・アンプ) 出力ポートに対応するさまざまな RF マッチング回路を取り付けた、複数の派生版が存在しています。

LAUNCHXL-CC1352P1:868/915MHz は最大 20dBm、2.4GHz は最大 5dBm
LAUNCHXL-CC1352P-2:868/915 MHz は最大 14dBm、2.4GHz は最大 20dBm に対応しており、CC1352P と CC2652P の両方をサポート
LAUNCHXL-CC1352P-4:433MHz は最大 14dBm、2.4GHz は最大 10dBm

詳細については、www.tij.co.jp/simplelink をご覧ください。

Bluetooth® Low Energy

SimpleLink CC26x2R LaunchPad と SimpleLink CC13x2、CC26x2 SDK を使用して、開発をすぐに開始することができます。これには、TI(テキサス・インスツルメンツ)のロイヤリティ・フリー Bluetooth Low Energy(BLE)ソフトウェア・プロトコル・スタック(BLE5-Stack)コンポーネントを収録しています。このコンポーネントは、Arm® Cortex®-M4F ベースの CC2652R および CC242R を使用したシングルモード Bluetooth 5 アプリケーションの開発をサポートしています。TI は長距離、高速モード、アドバタイズの拡張、最大 32 の接続をサポートしています。

Bluetooth Low Energy リソース

Thread

SimpleLink CC13x2/CC26x2R SDK を使用すると、Thread ベースのアプリケーション開発を開始できます。この SDK は、Thread 1.1 ネットワーキング・プロトコルに対応するツール、サンプル・アプリケーション、資料、ソース・コードで構成されています。このプロトコルは、Thread ネットワーキング・スタックに関する、openthread ベースのオープンソース実装です。ドア・ロック (施錠)、窓用ブラインド、サーモスタット、温度センサなどの各種サンプル・アプリケーションは、CoAP (Constrained Application Protocol、制約付きアプリケーション・プロトコル) をベースとし、Thread ネットワーキング・スタック上で動作する仕様であり、一連の最終機器向けの SW (ソフトウェア) 設計を迅速に開始するのに役立ちます。

Thread 関連リソース

Zigbee®

SimpleLink Zigbee スタックは、ツール、サンプル・アプリケーション、資料、ソース・コードなど、Zigbee 準拠ソリューションが必要とするすべての要素で構成されています。また、Zigbee Pro 準拠 Zigbee スタックや、Green Power (GP) デバイスと Sink のサポートも付属しています。ドア・ロック、ライト、スイッチ、温度センサ、サーモスタットなどに関するサンプル・アプリケーションが付属しており、これらは Zigbee 認定に対応しています。Zigbee スタックには、Zigbee ネットワーク・プロセッサ構成用のサポートも付属しており、ホストでクラスタ・ライブラリと Zigbee アプリケーションを実装する 2 チップ・アーキテクチャで使用することができます。

ZigBee 関連リソース

Sub-1GHz

SimpleLink CC1352P LaunchPad と、SimpleLink CC13x2/CC26x2R SDK は、TI 15.4-Stack を使用する Sub-1GHz の長距離スター・ネットワークをサポートしています。SimpleLink Sub-1GHz 15.4 スタックは家庭、ビル、都市部で、長距離低消費電力センサを接続することを目的とした、規格に基づく包括的なソリューションです。SimpleLink Sub-1GHz 15.4-Stack は、200 台以上のノードをサポートしており、ネットワーク管理、セキュリティ、周波数ホッピングを実現できます。また、15.4-Stack を採用すると、MAC レイヤーの受信確認 (Ack)、listen-before-talk (送信開始前のネットワーク状況確認)、CSMA/CA を使用して、確実に送信を成功させることもできます。

Sub-1GHz 関連リソース

特長
  • 2.4GHz と Sub-1GHz の同時動作をサポートする、マルチバンド無線搭載 LaunchPad
  • ブロードバンド・アンテナは、Sub-1GHz (868MHz / 915MHz / 433MHz) と、2.4GHz の各周波数帯をサポート
  • オンボード・エミュレータを使用すると、コード開発をすぐに開始可能
  • LaunchPad/ブースタパック・エコシステムと互換性のあるピン・ヘッダー経由で、すべての I/O にアクセス可能

  • LaunchPad Board
  • Micro USB Cable
  • Quick Start Guide

マルチプロトコル製品
CC1352P パワー・アンプ内蔵、SimpleLink™ Arm Cortex-M4F マルチプロトコル Sub-1GHz と 2.4GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC1352P7 パワー・アンプ内蔵、SimpleLink™ Arm® Cortex®-M4F マルチプロトコル Sub-1GHz と 2.4GHz 対応のワイヤレス・マイコン CC2652P パワー・アンプ内蔵、SimpleLink™ Arm Cortex-M4F、マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン

購入と開発の開始

ハードウェア、ソフトウェア、資料のパッケージ詳細

ハードウェアとソフトウェアのパッケージ

Get started developing with Sub-1 GHz

パッケージの表示