製品詳細

Number of channels (#) 2 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 5 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 2.7 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 0.036 GBW (Typ) (MHz) 3 Features Zero Drift Slew rate (Typ) (V/us) 4 Rail-to-rail In to V-, Out Offset drift (Typ) (uV/C) 0.015 Iq per channel (Typ) (mA) 0.93 Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) 35 CMRR (Typ) (dB) 130 Rating Space Operating temperature range (C) -55 to 125 Input bias current (Max) (pA) 4 Output current (Typ) (mA) 15 Architecture CMOS
Number of channels (#) 2 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 5 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 2.7 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 0.036 GBW (Typ) (MHz) 3 Features Zero Drift Slew rate (Typ) (V/us) 4 Rail-to-rail In to V-, Out Offset drift (Typ) (uV/C) 0.015 Iq per channel (Typ) (mA) 0.93 Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) 35 CMRR (Typ) (dB) 130 Rating Space Operating temperature range (C) -55 to 125 Input bias current (Max) (pA) 4 Output current (Typ) (mA) 15 Architecture CMOS
CFP (NAC) 10 42 mm² 6.86 x 6.12
  • Total Ionizing Dose 50 krad(Si)
  • ELDRS Free 50 krad(Si)
  • TCVIO Temperature Sensitivity (Typical) 0.015 µV/°C


  • (For V S = 5V, Typical Unless Otherwise Noted)

  • Low Ensured VIO over Temperature 60 µV
  • Low Noise with no 1/f 35nV/√Hz
  • High CMRR 90 dB
  • High PSRR 90 dB
  • High AVOL 85 dB
  • Wide Gain-Bandwidth Product 3MHz
  • High Slew Rate 4V/µs
  • Rail-to-Rail Output 30mV
  • No External Capacitors Required

All trademarks are the property of their respective owners.

  • Total Ionizing Dose 50 krad(Si)
  • ELDRS Free 50 krad(Si)
  • TCVIO Temperature Sensitivity (Typical) 0.015 µV/°C


  • (For V S = 5V, Typical Unless Otherwise Noted)

  • Low Ensured VIO over Temperature 60 µV
  • Low Noise with no 1/f 35nV/√Hz
  • High CMRR 90 dB
  • High PSRR 90 dB
  • High AVOL 85 dB
  • Wide Gain-Bandwidth Product 3MHz
  • High Slew Rate 4V/µs
  • Rail-to-Rail Output 30mV
  • No External Capacitors Required

All trademarks are the property of their respective owners.

The LMP2012 offers unprecedented accuracy and stability. This device utilizes patented techniques to measure and continually correct the input offset error voltage. The result is an amplifier which is ultra stable over time and temperature. It has excellent CMRR and PSRR ratings, and does not exhibit the familiar 1/f voltage and current noise increase that plagues traditional amplifiers. The combination of the LMP2012 characteristics makes it a good choice for transducer amplifiers, high gain configurations, ADC buffer amplifiers, DAC I-V conversion, and any other 2.7V-5V application requiring precision and long term stability.

Other useful benefits of the LMP2012 are rail-rail output, low supply current of 930 μA, and wide gain-bandwidth product of 3 MHz. These extremely versatile features found in the LMP2012 provide high performance and ease of use.

The QMLV version of the LMP2012 has been rated to tolerate a total dose level of 50krad/(Si) radiation by test method 1019 of MIL-STD-883.

The LMP2012 offers unprecedented accuracy and stability. This device utilizes patented techniques to measure and continually correct the input offset error voltage. The result is an amplifier which is ultra stable over time and temperature. It has excellent CMRR and PSRR ratings, and does not exhibit the familiar 1/f voltage and current noise increase that plagues traditional amplifiers. The combination of the LMP2012 characteristics makes it a good choice for transducer amplifiers, high gain configurations, ADC buffer amplifiers, DAC I-V conversion, and any other 2.7V-5V application requiring precision and long term stability.

Other useful benefits of the LMP2012 are rail-rail output, low supply current of 930 μA, and wide gain-bandwidth product of 3 MHz. These extremely versatile features found in the LMP2012 provide high performance and ease of use.

The QMLV version of the LMP2012 has been rated to tolerate a total dose level of 50krad/(Si) radiation by test method 1019 of MIL-STD-883.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
16 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LMP2012QML Dual High Precision, Rail-to-Rail Output Operational Amplifier データシート (Rev. H) 2012年 3月 25日
* 放射線と信頼性レポート LMP2012QML-SP Neutron Displacement Damage Characterization Report PDF | HTML 2021年 2月 8日
* SMD LMP2012QML-SP SMD 5962-06206 2016年 6月 21日
* 放射線と信頼性レポート Enhanced Low Dose Rate Sensitivity (ELDRS) 2012年 6月 18日
* 放射線と信頼性レポート LMP2012QML ELDRS Radiation Report 2012年 6月 18日
* 放射線と信頼性レポート LMP2012QML SET Radiation Report 2012年 6月 18日
アプリケーション・ノート Analog Front-End Design with Texas Instruments’ Tooling Landscape PDF | HTML 2022年 3月 7日
セレクション・ガイド TI Space Products (Rev. I) 2022年 3月 3日
回路設計 Space-Grade Discrete 2-Wire 4-20mA Current Transmitter Circuit Cookbook PDF | HTML 2021年 5月 27日
アプリケーション・ノート Heavy Ion Orbital Environment Single-Event Effects Estimations 2020年 5月 18日
アプリケーション・ノート Single-Event Effects Confidence Interval Calculations 2020年 1月 14日
その他の技術資料 TI Engineering Evaluation Units vs. MIL-PRF-38535 QML Class V Processing 2019年 6月 17日
e-Book(PDF) Radiation Handbook for Electronics (Rev. A) 2019年 5月 21日
e-Book(PDF) The Signal - オペアンプ設計ブログ集 英語版をダウンロード 2018年 3月 23日
その他の技術資料 LMP2012 MDE MCD5060A Dual, High Precision, Rail-to-Rail Output Op Amp 2012年 12月 20日
その他の技術資料 Die D/S LMP2012 MDE Dual, High Precision, Rail-Rail Output Op Amp 2012年 9月 28日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DIP-ADAPTER-EVM — DIP アダプタの評価基板

DIP-Adapter-EVM は、オペアンプの迅速なプロトタイプ製作とテストを可能にする評価基板です。小型の表面実装 IC とのインターフェイスを迅速、容易、低コストで実現します。付属の Samtec 端子ストリップか、回路への直接配線により、サポートされているオペアンプを接続できます。

DIP-Adapter-EVM キットは、業界標準の最も一般的なパッケージをサポートしています:

  • D と U(SOIC-8)
  • PW(TSSOP-8)
  • DGK(MSOP-8、VSSOP-8)
  • DBV(SOT23-6、SOT23-5、SOT23-3)
  • DCK(SC70-6、SC70-5)
  • DRL(SOT563-6)
ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
評価ボード

DIYAMP-EVM — ユニバーサル DIY アンプ回路の評価モジュール

DIYAMP-EVM は、エンジニアと DIY ユーザーにアンプ回路を提供し、迅速な設計コンセプトの評価とシミュレーションの検証を可能にするユニークな評価モジュール(EVM)ファミリです。この評価モジュールは、3 つの業界標準パッケージ(SC70、SOT23、SOIC)で提供されており、シングル / デュアル電源向けに、アンプ、フィルタ、安定性補償、コンパレータの各構成など、12 の一般的なアンプ構成が可能です。

DIYAMP-EVM ファミリは、迅速・簡単なプロトタイプ製作を可能にします。また、一般的な 0805 または 0603 (...)
シミュレーション・モデル

LMP201xQML-SP PSpice Model (Rev. B)

SNOM682B.ZIP (31 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

LMP201xQML-SP TINA-TI Reference Design (Rev. A)

SNOM683A.TSC (286 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル

LMP201xQML-SP TINA-TI Spice Model (Rev. A)

SNOM684A.ZIP (11 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー・ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
計算ツール

ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ技術者向けカリキュレータ

アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
lock = エクスポートの承認が必要 (1 分)
計算ツール

OPAMP-NOISECALC — ノイズ・カルキュレータ、ジェネレータ 及び、例

This folder contains three tools to help in understandning and managing noise in cicuits. The included tools are:
  • A noise generator tool - This is a Lab View 4-Run Time executable that generates Gaussian white noise, uniform white noise, 1/f noise, short noise, and 60Hz line noise. Temporal data, (...)
計算ツール

Optimization Tool for SNOAA73

SNOR028.ZIP (10 KB)
設計ツール

CIRCUIT060001 — 単一電源、ローサイド、単方向電流センシング回路

この単一電源、ローサイド、電流センシング・ソリューションは最大 1A の負荷電流を正確に検出し、50mV ~ 4.9V の電圧に変換します。入力電流範囲と出力電圧範囲は必要に応じてスケーリングでき、大きなスイングに対応するため、より高電圧の電源も使用できます。
ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

CIRCUIT060002 — Temperature sensing with NTC thermistor circuit(英語)(NTC サーミスタ回路搭載、温度センシング)

この温度センシング回路は NTC (Negative Temperature Coefficient:負の温度係数) サーミスタに直列に接続した抵抗を使用して分圧器を形成します。これには、温度に比例した出力電圧が得られる効果があります。この回路では、非反転構成 (反転入力に基準電圧を接続) でオペアンプを使用し、信号のオフセットと増幅を行います。これにより、ADC の分解能を最大限に活用し、測定精度を高めることができます。
ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

CIRCUIT060003 — PTC サーミスタ回路搭載、温度センシング

この温度センシング回路は PTC (Positive Temperature Coefficient:正の温度係数) サーミスタに直列に接続した抵抗を使用して分圧器を形成します。これには、温度に比例した出力電圧が得られる効果があります。この回路では、非反転構成 (反転入力に基準電圧を接続) でオペアンプを使用し、信号のオフセットと増幅を行います。これにより、ADC の分解能を最大限に活用し、測定精度を高めることができます。
設計ツール

CIRCUIT060004 — 低ノイズ、長距離の PIR センサ・コンディショナー回路

この 2 段式アンプの設計は、受動赤外線 (PIR) センサからの信号を増幅し、フィルタ処理します。回路には、回路の出力におけるノイズを低減するため複数のローパスおよびハイパス・フィルタが含まれており、長距離での動作を検出でき、誤認トリガを減らすことができます。この回路の後にウィンドウ・コンパレータを追加してデジタル出力を生成するか、A/D コンバータ (ADC) 入力へ直接接続できます。
設計ツール

CIRCUIT060005 — ディスクリート差動アンプ回路搭載ハイサイド電流センシング

この単一電源、ハイサイド、低コストの電流センシング・ソリューションは、50mA ~ 1A の負荷電流を検出し、0.25V ~ 5V の出力電圧に変換します。ハイサイドのセンシングにより、システムはグランドへの短絡を識別でき、負荷のグランドを動揺させません。
ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

CIRCUIT060006 — Bridge Amplifier Circuit(英語)(ブリッジ・アンプ回路)

ひずみゲージは、加えられた力に応じて抵抗値が変化するセンサです。抵抗値の変化を測定するため、ひずみゲージはブリッジ構成で配置されます。この設計では、2 オペアンプ構成の計測回路を使用して、ひずみゲージの抵抗値の変化により発生する差動信号を増幅します。R10 の変化によりホイートストーン・ブリッジの出力に発生した小さな差動電圧が 2 オペアンプ構成の計測アンプに入力されます。
設計ツール

CIRCUIT060007 — ローサイド双方向電流センシング回路

この単一電源、ローサイド、双方向電流センシング・ソリューションは、-1A ~ 1A の負荷電流を正確に検出できます。出力のリニアな動作範囲は 110mV ~ 3.19V です。ローサイド電流センシングにより、同相電圧がグランド近くに維持されるため、バス電圧の高いアプリケーションで最も有用です。
ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

CIRCUIT060008 — 全波整流回路

この絶対値回路は、交流 (AC) 信号を単極性の信号に変換できます。この回路は、最高 50kHz の周波数で ±10V の入力信号、および最高 1kHz の周波数で最低 ±25mV の信号に対して、限定された歪みで動作します。
ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

CIRCUIT060009 — 半波整流回路

この高精度の半波整流器は、変動する入力信号 (正弦波が望ましい) の負側の半分だけを反転して出力します。帰還抵抗の値を適切に選択することで、各種のゲインを実現できます。高精度の半波整流器は一般に、DC 出力電圧を生成するため、ピーク検出器や帯域幅の制限された非反転アンプなど、他のオペアンプ回路とともに使用されます。この構成は、最高 50kHz の周波数で、0.2mVpp ~ 4Vpp の範囲の正弦波入力信号に対して動作するよう設計されています。
設計ツール

CIRCUIT060010 — PWM ジェネレータ回路

この回路では、三角波ジェネレータとコンパレータを利用して、デューティ・サイクルが入力電圧に反比例する 500kHz パルス幅変調 (PWM) 波形を生成できます。オペアンプとコンパレータが三角波を生成し、2 番目のコンパレータの反転入力に印加されます。入力電圧は、この 2 番目のコンパレータの非反転入力に印加されます。入力波形を三角波と比較して、PWM 波形が生成されます。出力波形の精度と線形性を向上するため、2 番目のコンパレータはエラー・アンプの帰還ループ内に配置されます。
ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

CIRCUIT060011 — Single-supply, second-order, multiple feedback high-pass filter circuit

複数フィードバック (MFB) ハイパス (HP) フィルタは 2 次アクティブ・フィルタです。Vref は 単一電源アプリケーションに対応するために DC オフセットを提供します。この HP フィルタは、パスバンドの周波数に対して信号 (ゲイン = –1V/V) を反転します。ゲインが高い場合、または Q 値が大きい (たとえば 3 以上) 場合、MFB フィルタが望ましいフィルタです
設計ツール

CIRCUIT060012 — 単一電源、2 次、マルチ・フィードバック・ローパス・フィルタ回路

複数フィードバック (MFB) ローパス・フィルタ (LP フィルタ) は 2 次アクティブ・フィルタです。Vref は 単一電源アプリケーションに対応するために DC オフセットを提供します。この LP フィルタは、パスバンドの周波数に対して信号 (ゲイン = –1V/V) を反転します。ゲインが高い場合、または Q 値が大きい (たとえば 3 以上) 場合、MFB フィルタが望ましいフィルタです。
設計ツール

CIRCUIT060014 — Voltage-to-current (V-I) converter circuit with MOSFET

この単一電源、ローサイド、V-I コンバータは、オペアンプの電源電圧を上回る電圧に接続できる負荷に、安定した電流を提供します。回路は、0 ~ 2V の入力電圧を受け入れ、0mA ~ 100mA の電流に変換します。ローサイド電流センス抵抗での電圧降下 (R3) をオペアンプの反転入力にフィードバックすることで、電流の正確な安定化が行われます。
ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

CIRCUIT060016 — 非反転型マイク・プリアンプ回路

この回路は非反転アンプ回路構成を使用してマイク出力の信号を増幅します。この回路は、音声周波数範囲の全体にわたって振幅の平坦性が非常に優れており、周波数応答偏差はわずかです。この回路は、5V 単一電源電圧からの電力供給で動作します。
ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

CIRCUIT060017 — デュアル電源、ディスクリートのプログラマブル・ゲイン・アンプ回路

この回路は、可変入力抵抗を使用して 6dB (2V/V) ~ 60dB (1000V/V) の範囲のプログラマブル非反転ゲインを実現します。この設計は、ゲイン範囲の全体にわたって同じカットオフ周波数を維持します。
設計ツール

CIRCUIT060018 — フォトダイオード・アンプ回路

この回路は、フォトダイオードの光依存電流を増幅させるトランスインピーダンス・アンプとして構成されたオペアンプで構成されています。
ユーザー・ガイド: PDF
設計ツール

CIRCUIT060019 — 非反転型の正の基準電圧を搭載した反転型オペアンプ回路

This design uses an inverting amplifier with a non-inverting positive reference voltage to translate an input signal of –1 V to 2 V to an output voltage of 0.05 V to 4.95 V. This circuit can be used to translate a sensor output voltage with a positive slope and negative offset to a usable (...)
設計ツール

CIRCUIT060020 — 反転型アンプ回路

この設計は入力信号、Vi を反転し、信号ゲイン –2V/V を適用します。入力信号は、通常は低インピーダンス・ソースから得られます。この回路の入力インピーダンスは、入力抵抗 R1 によって決まるからです。反転アンプの同相電圧は、非反転ノードに接続される電圧と等しく、この設計においてはグランドです。
設計ツール

CIRCUIT060074 — コンパレータによるハイサイド電流センシング回路

このハイサイド電流センシング・ソリューションは、レール・ツー・レール入力同相範囲に対応している 1 個のコンパレータを使用し、負荷電流が 1A を上回った合にコンパレータの出力端子 (COMP OUT) で過電流アラート (OC-Alert) 信号を生成します。この実装は、OC-Alert 信号をアクティブ・ローに設定しています。したがって、1A のスレッショルドを上回ったときに、コンパレータの出力がローになります。負荷電流が 0.5 A (50% 減少) に低下すると OC-Alert が論理 HIGH (...)
設計ツール

CIRCUIT060075 — 高速過電流検出回路

この高速ローサイド過電流検出ソリューションは、1 個のゼロ・ドリフト高速セトリング・アンプ (OPA388) と、1 個の高速コンパレータ (TLV3201) を使用して実装済みです。この回路は、高速の電流信号および過電流イベントを監視するアプリケーション、たとえばモータや電源ユニットでの電流検出用に設計されています。

帯域幅が非常に広く、オフセットが非常に小さく、スルー・レートが高速なことから、OPA388 が選択されています。伝播遅延が 40ns、立ち上がり時間が 4.8ns と短く、応答が高速なことから、TLV3201 (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
(Y) 0 オプションの表示
CFP (NAC) 10 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ