TMDSEMU110-U

XDS110 JTAG デバッグ・プローブ

TMDSEMU110-U

購入

概要

TI (テキサス・インスツルメンツ) の XDS110 は、TI の各種組込みプロセッサを意図した、新しいクラスのデバッグ・プローブ (エミュレータ) です。XDS110 は XDS100 ファミリを置き換える製品であり、同時に、単一製品で幅広い規格 (IEEE1149.1、IEEE1149.7、SWD) をサポートしています。すべての XDS デバッグ・プローブはまた、組込みトレース・バッファ (ETB) を搭載しているすべての Arm プロセッサと DSP プロセッサで、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。ピン経由でコア・トレースを実行する場合、XDS560v2 PRO TRACE が必要です。

TI (テキサス・インスツルメンツ) の XDS110 は、TI 20 ピン・コネクタ (TI 14 ピン、Arm 10 ピン、Arm 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属) とホスト側の USB 2.0 ハイスピード (480Mbps) を経由して、ターゲット・ボードをホスト PC に接続します。この製品はまた、2 つの付加的な接続機能も搭載しています。1 つは補助的な 14 ピン・ポート・コネクタであり、EnergyTrace™ を有効にするほか、1 個の全二重 UART ポートと、4 個の汎用 I/O に対応しています。もう 1 つは拡張 30 ピン・コネクタであり、XDS110 EnergyTrace HDR アドオンとの接続に使用します。

Code Composer Studio™ を使用する場合、バージョン 7.0 またはそれ以降が必要です。

XDS110 は、以下の内容品を同梱したパッケージで出荷されます。

  • XDS110 デバッグ・ポッド
  • 20 ピン デバッグ・ケーブル
  • 14 ピン補助ケーブル
  • TI 20 ピンから TI 14 ピンへのコンバータ・アダプタ
  • TI 20 ピンから Arm Cortex® 20 ピンへのコンバータ・アダプタ
  • TI 20 ピンから Arm Cortex 10 ピンへのコンバータ・アダプタ
  • USB ケーブル
  • 補助ケーブル向けブレークアウト・ボード
  • クイック・スタート・ガイド

サポートしていないデバイス:

  • MSP430™ マイコン
  • アダプティブ・クロック処理機能を使用する Arm®9 コアを搭載した各種デバイス
  • AWR12x ミリ波センサ
  • C54x、C62x、C670x、C671x、C672x、C640x、C641x の各デジタル信号プロセッサ
  • F24x/C24x マイコン

必要な事項:

  • Code Composer Studio v7 (またはそれ以降)、あるいは互換性のあるサード・パーティーの開発環境のインストール。
  • 互換性のある JTAG ヘッダのいずれかを実装したターゲット・ボード。

場合によっては必要な事項:

  • 別の形式の JTAG ヘッダーを実装したターゲット・ボードを使用する場合の接続のためのアダプタ

出荷情報:

  • 製品ボックスのサイズ:260mm x 200mm x 50mm (10.0 インチ x 8.0 インチ x 2.0 インチ)
  • 梱包済み製品重量:240g (8.0 オンス)

特長

XDS110 は、TI の各種組込みプロセッサを想定した、最新のエントリ・レベル・デバッグ・プローブ (エミュレータ) です。XDS110 は、JTAG と SWD の各コネクティビティを低コストで実現する包括的なソリューションを意図した設計であり、TI の各種マイコン、プロセッサ、SimpleLink デバイスのデバッグに使用できるエントリ・レベル・デバッグ・プローブの選択肢になります。

XDS110 は XDS100 技術を置き換える製品であり、JTAG、cJTAG、SWD/SWO の各デバッグ・ポートを単一製品に搭載し、TI のさまざまなデバイスをサポートする初のデバッグ・プローブです。また、組込みトレース・バッファ (ETB) を搭載したすべての Arm デバイスと DSP デバイスで、コア・プロセッサとシステム・トレースの両方をサポートしています。特定のデバイスでのトレース機能に関する詳細については、該当デバイスのテクニカル・リファレンス・マニュアル (TRM) をご覧ください

XDS110 はまた、MSP432 向けの EnergyTrace と、SimpleLink ワイヤレス・コネクティビティ・デバイス向けの MSP432 アドオン・モジュールである XDS110 EnergyTrace HDR を搭載した、XDS デバッグ・プローブ・ファミリの最初の製品でもあります。EnergyTrace は、ターゲット・ボードの真のエネルギーと消費電力を測定できる技術であり、ネイティブ (単体動作) で最大 75mA、アドオン・モジュール使用時に最大 800mA を測定できます。フレキシビリティの向上を目的として、EnergyTrace は共通の物理的な接続機能を採用し、1 個の UART ポートと 4 個の GPIO を搭載しているので、ハードウェア全体を制御できます。

XDS110 は、販売開始から長い年月が経過している XDS100 JTAG デバッガ・ファミリに比べ、JTAG と cJTAG の各データ・スループットが高いほか、同じコストで、Arm シリアル・ワイヤ・デバッグ・モードのサポート機能も追加しています。

TI では開発ボードのスペース低減を推進しており、XDS110 は、ターゲット接続用のプライマリ JTAG コネクティビティとして標準的な TI 20 ピン・コネクタを実装しています。これらの点に加えて、すべての派生製品は、TI と Arm の標準的な JTAG ヘッダに接続するためにモジュラー形式のターゲット構成アダプタを採用しています (付属するアダプタは、モデルによって異なります)。

XDS110 ファミリは、従来型の IEEE1149.1 (JTAG)、IEEE1149.7 (cJTAG)、Arm のシリアル・ワイヤ・デバッグ (SWD) とシリアル・ワイヤ出力 (SWO) をサポートしており、+1.8V から最大 +3.6V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでの利用も可能です。

シリアル・ワイヤ・デバッグ (SWD) とは、2 本のピンを使用して (JTAG は 4 本のピンを使用)、JTAG より高速なクロック・レートでデータを転送するデバッグ・モードです。シリアル・ワイヤ出力(SWO)を使用する場合は、もう 1 本のピンを追加して、Cortex M4 マイコンで簡潔なトレース動作を実行することができます。

XDS110 は、ホストに対する接続のため、USB 2.0 フルスピード (11Mbps) とハイスピード (480Mbps) のいずれもサポートしています。

XDS110 ファミリには、TI の Code Composer Studio IDE との包括的な互換性があります。こうした組み合わせにより、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・コネクティビティ・マイコンに対する統合型のデバッグ環境、コンパイラ、包括的なハードウェア・デバッグ機能、トレース機能で構成される完全なハードウェア開発環境を実現できます。

その他の XDS 製品:

  • XDS110 デバッグ・ポッド
  • 20 ピン デバッグ・ケーブル
  • 14 ピン補助ケーブル
  • TI 20 ピンから TI 14 ピンへのコンバータ・アダプタ
  • TI 20 ピンから ARM Cortex 20 ピンへのコンバータ・アダプタ
  • TI 20 ピンから ARM Cortex 10 ピンへのコンバータ・アダプタ
  • USB2.0 ケーブル
  • クイックスタート・ガイド・リーフレット(英語版)
  • クイックスタート・ガイド・リーフレット(韓国語版)
  • 使用許諾契約リーフレット

Arm Cortex-M0+ マイコン
MSPM0G1105 80MHz Arm M0+ マイコン、32KB フラッシュ、16KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、オペアンプ MSPM0G1106 80MHz Arm M0+ マイコン、64KB フラッシュ、32KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、オペアンプ MSPM0G1107 80MHz Arm M0+ マイコン、128KB フラッシュ、32KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、オペアンプ MSPM0G1505 80MHz Arm M0+ マイコン、32KB フラッシュ、16KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、DAC、3 個のコンパレータ、3 個のオペアンプ、MATH ACL (演算アク MSPM0G1506 80MHz Arm M0+ マイコン、64KB フラッシュ、32KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、DAC、3 個のコンパレータ、3 個のオペアンプ、MATH ACL (演算アク MSPM0G1507 80MHz Arm M0+ マイコン、128KB フラッシュ、32KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、DAC、3 個のコンパレータ、3 個のオペアンプ、MATH ACL (演算ア MSPM0G3105 80MHz Arm M0+ マイコン、32KB フラッシュ、16KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、オペアンプ、CAN-FD MSPM0G3106 64KB フラッシュと 32KB SRAM と ADC と CAN-FD 搭載、80MHz Arm® Cortex®-M0+ マイコン MSPM0G3107 80MHz Arm M0+ マイコン、128KB フラッシュ、32KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、オペアンプ、CAN-FD MSPM0G3107-Q1 車載対応、128KB フラッシュと 32KB SRAM と 12 ビット ADC と CAN-FD と LIN 搭載、80MHz Arm® Cortex®-M0+ マイコン MSPM0G3505 80MHz Arm M0+ マイコン、32KB フラッシュ、16KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、DAC、3 個のコンパレータ、3 個のオペアンプ、CAN-FD、MATH AC MSPM0G3506 80MHz Arm M0+ マイコン、64KB フラッシュ、32KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、DAC、3 個のコンパレータ、3 個のオペアンプ、CAN-FD、MATH AC MSPM0G3507 80MHz Arm M0+ マイコン、128KB フラッシュ、32KB SRAM、2 × 12 ビット 4Msps ADC、DAC、3 個のコンパレータ、3 個のオペアンプ、CAN-FD、MATH A MSPM0G3507-Q1 車載対応、128KB フラッシュと 32KB SRAM と 12 ビット ADC と DAC とオペアンプと CAN-FD 搭載、80MHz Arm® Cortex®-M0+ マイコン MSPM0L1105 32KB フラッシュと 4KB SRAM と 12 ビット ADC 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ マイコン MSPM0L1106 64KB フラッシュと 4KB SRAM と 12 ビット ADC 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ マイコン MSPM0L1303 8KB フラッシュと 2KB SRAM と 12 ビット ADC とコンパレータと OPA 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ マイコン MSPM0L1304 16KB フラッシュと 2KB SRAM と 12 ビット ADC とコンパレータと OPA 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ マイコン MSPM0L1304-Q1 車載対応、16KB フラッシュ と 2KB RAM と 12 ビット ADC と OPA と LIN 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ MSPM0L1305 32KB フラッシュと 4KB SRAM と 12 ビット ADC とコンパレータと OPA 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ マイコン MSPM0L1305-Q1 車載対応、32KB フラッシュ と 4KB RAM と 12 ビット ADC と OPA と LIN 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ MSPM0L1306 64KB フラッシュと 4KB SRAM と 12 ビット ADC とコンパレータと OPA 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ マイコン MSPM0L1306-Q1 車載対応、64KB フラッシュ と 4KB RAM と 12 ビット ADC と OPA と LIN 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ MSPM0L1343 8KB フラッシュと 2KB SRAM と 12 ビット ADC とコンパレータと TIA (トランスインピーダンス・アンプ) 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ マイコン MSPM0L1344 16KB フラッシュと 2KB SRAM と 12 ビット ADC とコンパレータと TIA (トランスインピーダンス・アンプ) 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ マイコン MSPM0L1345 32KB フラッシュと 4KB SRAM と 12 ビット ADC とコンパレータと TIA (トランスインピーダンス・アンプ) 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ マイコン MSPM0L1346 64KB フラッシュと 4KB SRAM と 12 ビット ADC とコンパレータと TIA (トランスインピーダンス・アンプ) 搭載、32MHz Arm®Cortex®-M0+ マイコン

 

Arm ベースのプロセッサ
AM5706 Sitara プロセッサ:セキュア・ブート機能搭載、コスト最適化 Arm Cortex-A15 と DSP AM5708 Sitara プロセッサ:マルチメディア機能とセキュア・ブート機能搭載、コスト最適化 Arm Cortex-A15 と DSP AM5718-HIREL AM5718-HIREL Sitara™ プロセッサ、シリコン・リビジョン 2.0 AMIC110 Sitara プロセッサ: Arm Cortex-A8、10 種類以上のイーサネット・プロトコル

 

C2000 リアルタイム・マイコン
TMS320F280021 100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、32KB フラッシュ搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU) TMS320F280021-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、32KB フラッシュ搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン TMS320F280023 100MHz、FPU と TMU (三角関数算術演算ユニット) と 64KB フラッシュ搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン TMS320F280023-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、64KB フラッシュ搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU) TMS320F280023C 100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、64KB フラッシュ、CLB (構成可能ロジック・ブロック) 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU) TMS320F280025 100MHz、FPU と TMU (三角関数算術演算ユニット) と 128KB フラッシュ搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン TMS320F280025-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、128KB フラッシュ搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン (MCU) TMS320F280025C 100MHz、FPU と TMU (三角関数算術演算ユニット) と 128KB フラッシュと CLB (構成可能ロジック・ブロック) 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン TMS320F280025C-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、128KB フラッシュ、CLB (構成可能ロジック・ブロック) 搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン TMS320F280033 C2000™ 32 ビット・マイコン、120MHz、128KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、TMU (三角関数算術演算ユニット)、AES、CAN-FD TMS320F280034 C2000™ 32 ビット・マイコン、120MHz、128KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、AES TMS320F280034-Q1 車載、C2000™ 32 ビット マイコン、120MHz、128KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、 TMS320F280036-Q1 車載、C2000™ 32 ビット マイコン、120MHz、256KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、 TMS320F280036C-Q1 車載、C2000™ 32 ビット マイコン、120MHz、256KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、 TMS320F280037 C2000™ 32 ビット マイコン、120MHz、256KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、AES TMS320F280037-Q1 車載、C2000™ 32 ビット マイコン、120MHz、256KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、 TMS320F280037C C2000™ 32 ビット・マイコン、120MHz、256KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、CLB TMS320F280037C-Q1 車載対応、C2000™ 32 ビット・マイコン、120MHz、256KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット TMS320F280038-Q1 車載、C2000™ 32 ビット マイコン、120MHz、384KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、 TMS320F280038C-Q1 車載対応、C2000™ 32 ビット・マイコン、120MHz、384KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット TMS320F280039 C2000™ 32 ビット・マイコン、120MHz、384KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、AES TMS320F280039-Q1 車載、C2000™ 32 ビット マイコン、120MHz、384KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、 TMS320F280039C C2000™ 32 ビット・マイコン、120MHz、384KB フラッシュ、FPU (浮動小数点演算ユニット)、CLA (制御補償器アクセラレータ) 搭載 TMU (三角関数算術演算ユニット)、CLB TMS320F280039C-Q1 車載対応 C2000TM 32 ビット・マイコン、 120MHz 、 384KB フラッシュと FPU と TMU 、 CLA と CLB と AES と CAN-FD 搭載 TMS320F280040-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、128KB フラッシュ、PGA (プログラマブル・ゲイン・アンプ)、SDFM (デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール) 搭載、C2 TMS320F280040C-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、128KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC、CLB (構成可能論理ブロック)、PGA (プログラマブル・ゲイン・アンプ)、 TMS320F280041 車載対応、100MHz、FPU と TMU (三角関数算術演算ユニット) と 128KB フラッシュと PGA (プログラマブル・ゲイン・アンプ) と SDFM (デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール TMS320F280041-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、128KB フラッシュ、PGA (プログラマブル・ゲイン・アンプ)、SDFM (デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール) 搭載、C2 TMS320F280041C 車載対応、100MHz、FPU と TMU (三角関数算術演算ユニット) と 128KB フラッシュと InstaSPIN-FOC と CLB (構成可能論理ブロック) と PGA (プログラマブル・ TMS320F280041C-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、128KB フラッシュ、InstaSPIN-FOC、CLB (構成可能論理ブロック)、PGA (プログラマブル・ゲイン・アンプ)、 TMS320F280045 100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、256 KB フラッシュ、PGA (プログラマブル・ゲイン・アンプ)、SDFM (デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール) 搭載、C2000™ TMS320F280048-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、256KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、PGA (プログラマブル・ゲイン・アンプ)、SDFM (デルタ・シグ TMS320F280048C-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、256KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、InstaSPIN-FOC、CLB (構成可能論理ブロック)、PGA TMS320F280049 100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、256KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、PGA (プログラマブル・ゲイン・アンプ)、SDFM (デルタ・シグマ・フィル TMS320F280049-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、256KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、PGA (プログラマブル・ゲイン・アンプ)、SDFM (デルタ・シグ TMS320F280049C 100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、256KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、InstaSPIN-FOC、CLB (構成可能論理ブロック)、PGA (プログ TMS320F280049C-Q1 車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、256KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、InstaSPIN-FOC、CLB (構成可能論理ブロック)、PGA TMS320F28075 120MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、SDFM (デルタ シグマ フィルタ モジュール) 搭載、C2000™ 32 TMS320F28075-Q1 車載対応、120MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、SDFM (デルタ・シグマ・フィルタ・モジュール) 搭載、C2000 TMS320F28076 120MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、CLA (制御補償器アクセラレータ)、CLB (構成可能ロジック ブロック)、SDFM (デルタ シグマ フィルタ TMS320F28374D 800MIPS で、2 個の CPU、2 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、EMIF、12 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット マイコン TMS320F28374S 400MIPS で、1 個の CPU、1 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、EMIF、12 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット マイコン TMS320F28375D 800MIPS で、2 個の CPU、2 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、12 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット マイコ TMS320F28375S 400MIPS で、1 個の CPU、1 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、12 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット マイコ TMS320F28375S-Q1 車載対応、400MIPS、1 x CPU、1 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、12 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイ TMS320F28376D 800MIPS で、2 個の CPU、2 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、EMIF、16 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット マイコン TMS320F28376S 400MIPS で、1 個の CPU、1 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、512KB フラッシュ、EMIF、16 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット マイコン TMS320F28377D 800MIPS で、2 個の CPU、2 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、16 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット マイコ TMS320F28377D-EP 800MIPS で、2 x CPU、2 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1MB フラッシュ、EMIF、16 ビット ADC 搭載、C2000™ エンハンスド製品、32 ビット TMS320F28377D-Q1 車載対応、800MIPS、2 x CPU、2 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、16 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイ TMS320F28377S 400MIPS で、1 個の CPU、1 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、16 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット マイコ TMS320F28377S-Q1 車載対応、400MIPS、1 x CPU、1 x CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、EMIF、16 ビット ADC 搭載、C2000™ 32 ビット・マイ TMS320F28378D 800MIPS で、2 個の CPU、2 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、CLB (構成可能ロジック ブロック)、EMIF、12 ビット ADC TMS320F28378S 400MIPS で、1 個の CPU、1 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、CLB (構成可能ロジック ブロック)、EMIF、12 ビット ADC TMS320F28379D 800MIPS で、2 個の CPU、2 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、CLB (構成可能ロジック ブロック)、EMIF、16 ビット ADC TMS320F28379D-Q1 車載対応、800MIPS、2 x CPU、2 x CLA (制御補償器アクセラレータ)、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、CLB (構成可能ロジック・ブロック)、 TMS320F28379S 400MIPS で、1 個の CPU、1 個の CLA、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、1024KB フラッシュ、CLB (構成可能ロジック ブロック)、EMIF、16 ビット A TMS320F28384D コネクティビティ マネージャや、2 個の C28x+CLA CPU、1.5MB フラッシュ、FPU64、イーサネット搭載、C2000™ 32 ビット マイコン TMS320F28384D-Q1 車載対応、コネクティビティ・マネージャ、2x C28x+CLA (制御補償器アクセラレータ) CPU、1.5MB フラッシュ、FPU64、イーサネット搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン TMS320F28384S コネクティビティ マネージャや、1 個の C28x+CLA CPU、1.0MB フラッシュ、FPU64、イーサネット搭載、C2000™ 32 ビット マイコン TMS320F28384S-Q1 車載対応、コネクティビティ・マネージャ、1x C28x+CLA (制御補償器アクセラレータ) CPU、1MB フラッシュ、FPU64、イーサネット搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン TMS320F28386D コネクティビティ マネージャや、2 個の C28x+CLA CPU、1.5MB フラッシュ、FPU64、CLB (構成可能ロジック ブロック)、イーサネット搭載、C2000™ 32 ビット マイコン TMS320F28386D-Q1 車載対応、コネクティビティ マネージャや、2 個の C28x+CLA CPU、1.5MB フラッシュ、FPU64、CLB (構成可能ロジック ブロック)、Eth 搭載、C2000™ 32 ビット マイ TMS320F28386S コネクティビティ マネージャや、1 個の C28x+CLA CPU、1.0MB フラッシュ、FPU64、CLB (構成可能ロジック ブロック)、イーサネット搭載、C2000™ 32 ビット マイコン TMS320F28386S-Q1 車載対応、コネクティビティ・マネージャ、1x C28x+CLA (制御補償器アクセラレータ) CPU、1MB フラッシュ、FPU64、CLB (構成可能論理ブロック)、Ethe 搭載、C2000™ 3 TMS320F28388D コネクティビティ マネージャや、2 個の C28x+CLA CPU、1.5MB フラッシュ、FPU64、CLB (構成可能ロジック ブロック)、ENET、EtherCAT 搭載、C2000™ 32 ビ TMS320F28388S コネクティビティ マネージャや、1 個の C28x+CLA CPU、1.0MB フラッシュ、FPU64、CLB (構成可能ロジック ブロック)、ENET、EtherCAT 搭載、C2000™ 32 ビ

 

Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン
CC1310 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC1312R 352kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC1314R10 1MB のフラッシュと最大 296KB の SRAM 搭載、SimpleLink™ Arm® Cortex®-M33 Sub-1GHz ワイヤレス マイコン CC1350 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 マルチプロトコル Sub-1GHz と 2.4GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC1352P パワー・アンプ内蔵、SimpleLink™ Arm Cortex-M4F マルチプロトコル Sub-1GHz と 2.4GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) CC1352R 352kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F マルチプロトコル Sub-1GHz と 2.4GHz ワイヤレス・マイコン (MCU)

 

Wi-Fi 製品
CC3220R 6 TLS/SSL と 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU) CC3220S セキュア・ブートと 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU) CC3220SF 1MB フラッシュと 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU)

 

デジタル信号プロセッサ (DSP)
DRA785 オーディオ・アンプ向け、2x 1000 MHz C66x DSP と 2 つのデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ DRA788 オーディオ・アンプ向け、2 個の 1000MHz C66x DSP と 1 個の EVE と 2 個のデュアル Arm Cortex-M4 搭載、SoC プロセッサ

 

デジタル電源絶縁型コントローラ
UCD3138 高集積デジタル・コントローラ、絶縁電源用、3 チャネル・フィードバック・ループ/ 8 チャネル DPWM 出力付 UCD3138064 絶縁電源向け、64kB メモリ搭載、高集積デジタル・コントローラ UCD3138064A 高集積デジタル・コントローラ、絶縁電源用 UCD3138128 高集積デジタル・コントローラ、絶縁電源用 UCD3138128A 絶縁電源向け、高集積デジタル・コントローラ UCD3138A UCD3138A 高集積デジタル・コントローラ、絶縁電源用 UCD3138A64 高集積デジタル・コントローラ、絶縁電源用

 

低消費電力 2.4GHz 製品
CC2642R 352kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン CC2650MODA 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・モジュール CC2651R3SIPA アンテナ内蔵、SimpleLink™ マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス SIP (システム・イン・パッケージ) モジュール CC2652P パワー・アンプ内蔵、SimpleLink™ Arm Cortex-M4F、マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン CC2652PSIP パワー・アンプ内蔵、SimpleLink™ マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス SIP (システム・イン・パッケージ) モジュール CC2652R 352kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン CC2652RB 水晶不使用、BAW 共振器搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F、マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・マイコン CC2652RSIP 352kB メモリ搭載、SimpleLink™ マルチプロトコル 2.4GHz ワイヤレス・システム・イン・パッケージ・モジュール

 

産業用ミリ波レーダー・センサ
IWR1443 マイコンとハードウェア・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz ミリ波センサ IWR1642 DSP とマイコンを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz ミリ波センサ IWR1843 DSP、マイコン、レーダー・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 産業用レーダー・センサ IWR6443 マイコンとハードウェア・アクセラレータを統合したシングルチップ 60GHz ~ 64GHz インテリジェント・ミリ波センサ IWR6843 処理機能内蔵シングルチップ 60GHz ~ 64GHz インテリジェント・ミリ波センサ IWR6843AOP 統合型アンテナ・オン・パッケージ (AoP)、シングルチップ、60GHz ~ 64GHz、インテリジェント・ミリ波センサ

 

車載ミリ波レーダー・センサ
AWR1443 マイコンとハードウェア・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサ AWR1642 DSP とマイコンを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサ AWR1843 DSP、マイコン、レーダー・アクセラレータを統合したシングルチップ 76GHz ~ 81GHz 車載レーダー・センサ AWR6843 DSP、マイコン、レーダー・アクセラレータを統合したシングルチップ 60GHz ~ 64GHz 車載レーダー・センサ

 

車載ワイヤレス接続製品
CC2642R-Q1 車載認証済み、SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン (MCU)
ダウンロード 字幕付きのビデオを表示 ビデオ

購入と開発の開始

デバッグ・プローブ

TMDSEMU110-U — XDS110 JTAG デバッグ・プローブ

TI.com で取り扱いなし
TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 4
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* ユーザー・ガイド XDS110 Debug Probe User's Guide 2016年 11月 2日
* ユーザー・ガイド XDS110 Debug Probe User's Guide 2016年 9月 16日
アプリケーション・ノート C2000 MCU JTAG Connectivity Debug (Rev. B) PDF | HTML 2023年 1月 12日
証明書 TMDSEMU110-U EC Declaration of Conformity (DoC) (Rev. A) 2019年 1月 2日

関連する設計リソース

ハードウェア開発

デバッグ・プローブ
TMDSEMU110-ETH XDS110 ダイナミック・レンジの広い(ETHDR)EnergyTrace™ デバッグ・プローブ・アドオン

ソフトウェア開発

IDE (統合開発環境)、コンパイラ、またはデバッガ
CCSTUDIO Code Composer Studio™ 統合開発環境(IDE)

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ