REF2025

アクティブ

8ppm/℃ のドリフト、低消費電力、Vref と Vref/2 のデュアル出力、電圧リファレンス

製品詳細

VO (V) 2.5, 1.25 Initial accuracy (Max) (%) 0.05 Temp coeff (Max) (ppm/ degree C) 8 Vin (Min) (V) 2.52 Vin (Max) (V) 5.5 Iq (Typ) (uA) 360 Rating Catalog Features Multiple outputs, Enable pin Iout/Iz (Max) (mA) 20 Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 3.3
VO (V) 2.5, 1.25 Initial accuracy (Max) (%) 0.05 Temp coeff (Max) (ppm/ degree C) 8 Vin (Min) (V) 2.52 Vin (Max) (V) 5.5 Iq (Typ) (uA) 360 Rating Catalog Features Multiple outputs, Enable pin Iout/Iz (Max) (mA) 20 Shutdown current (ISD) (Typ) (uA) 3.3
SOT-23-THN (DDC) 5 8 mm² 2.9 x 2.8
  • VREF および VREF / 2 という 2 つの出力により、単一電源システムでの使用に便利
  • 優れた温度ドリフト性能:
    • -40℃~125°Cについて 8ppm/℃ (最大値)
  • 高い初期精度:±0.05% (最大値)
  • 温度範囲全体にわたる VREF および VBIAS トラッキング:
    • -40℃~85°Cについて 6ppm/℃ (最大値)
    • -40℃~125°Cについて 7ppm/℃ (最大値)
  • 超小型パッケージ:SOT23-5
  • 低いドロップアウト電圧:10mV
  • 大きい出力電流:±20mA
  • 低い静止電流:360µA
  • ライン・レギュレーション: 3 ppm/V
  • 負荷レギュレーション: 8ppm/mA
  • マットスズメッキ・バージョン (REF2025AISDDCR) は、Battelle Class III および同様の過酷な環境で耐腐食性を強化
  • VREF および VREF / 2 という 2 つの出力により、単一電源システムでの使用に便利
  • 優れた温度ドリフト性能:
    • -40℃~125°Cについて 8ppm/℃ (最大値)
  • 高い初期精度:±0.05% (最大値)
  • 温度範囲全体にわたる VREF および VBIAS トラッキング:
    • -40℃~85°Cについて 6ppm/℃ (最大値)
    • -40℃~125°Cについて 7ppm/℃ (最大値)
  • 超小型パッケージ:SOT23-5
  • 低いドロップアウト電圧:10mV
  • 大きい出力電流:±20mA
  • 低い静止電流:360µA
  • ライン・レギュレーション: 3 ppm/V
  • 負荷レギュレーション: 8ppm/mA
  • マットスズメッキ・バージョン (REF2025AISDDCR) は、Battelle Class III および同様の過酷な環境で耐腐食性を強化

正の電源電圧のみを使用するアプリケーションでは、入力バイポーラ信号をバイアスするため、多くの場合 A/D コンバータ (ADC) 入力範囲の中間に、追加の安定した電圧が必要になります。REF20xx は、ADC 用の基準電圧 (VREF)、および入力バイポーラ信号をバイアスするために使用する第 2 の高精度電圧 (VBIAS) を供給します。

REF20xx は、VREF および VBIAS の出力に対する温度ドリフト (最大値 8ppm/℃) および初期精度 (0.05%) が非常に優れており、430µA 未満の静止電流で動作します。さらに、VREF および VBIAS 出力は、-40℃~125℃ の温度範囲にわたって、6ppm/℃ (最大値) の精度で相互にトラッキングします。これらの機能すべてによって、信号チェーンの精度向上、基板面積の削減、ディスクリート・ソリューションと比較してシステムのコスト低減を実現します。ドロップアウト電圧が 10mV と非常に低いため、非常に低い入力電圧で動作し、バッテリ動作のシステムでは非常に有用です。

VREF および VBIAS 電圧は、どちらも非常に優れた仕様を備えており、同様に電流を適切にシンクおよびソースできます。長期的な安定性が非常に優れており、ノイズ・レベルが低いため、これらのデバイスは高精度の産業用アプリケーションに最適です。

正の電源電圧のみを使用するアプリケーションでは、入力バイポーラ信号をバイアスするため、多くの場合 A/D コンバータ (ADC) 入力範囲の中間に、追加の安定した電圧が必要になります。REF20xx は、ADC 用の基準電圧 (VREF)、および入力バイポーラ信号をバイアスするために使用する第 2 の高精度電圧 (VBIAS) を供給します。

REF20xx は、VREF および VBIAS の出力に対する温度ドリフト (最大値 8ppm/℃) および初期精度 (0.05%) が非常に優れており、430µA 未満の静止電流で動作します。さらに、VREF および VBIAS 出力は、-40℃~125℃ の温度範囲にわたって、6ppm/℃ (最大値) の精度で相互にトラッキングします。これらの機能すべてによって、信号チェーンの精度向上、基板面積の削減、ディスクリート・ソリューションと比較してシステムのコスト低減を実現します。ドロップアウト電圧が 10mV と非常に低いため、非常に低い入力電圧で動作し、バッテリ動作のシステムでは非常に有用です。

VREF および VBIAS 電圧は、どちらも非常に優れた仕様を備えており、同様に電流を適切にシンクおよびソースできます。長期的な安定性が非常に優れており、ノイズ・レベルが低いため、これらのデバイスは高精度の産業用アプリケーションに最適です。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスにアップグレード機能を搭載した、ドロップ・イン代替製品。
NEW REF20-Q1 アクティブ Automotive low-drift, low-power, series voltage reference

An AEC-Q100 qualified version of this device.

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
8 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート REF20xx 低ドリフト、低消費電力、デュアル出力、VREF および VREF/2 基準電圧 データシート (Rev. E 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.E) PDF | HTML 2022年 4月 28日
アプリケーション・ノート Voltage Reference Design Tips For ADC Pairing (Rev. A) PDF | HTML 2021年 6月 2日
e-Book(PDF) Tips and tricks for designing with voltage references (Rev. A) 2021年 5月 7日
ホワイト・ペーパー Simplifying Signal Chain Design for High Performance in Small Systems 2020年 10月 22日
アプリケーション・ノート Precision Current Sources and Sinks Using Voltage References 2020年 6月 30日
アプリケーション・ノート Voltage Reference Solutions in Motor Control Drives 2019年 7月 29日
e-Book(PDF) Voltage Supervisor and Reset ICs: Tips, Tricks and Basics 2019年 6月 28日
ホワイト・ペーパー Voltage Reference Selection Basics White Paper (Rev. A) 2018年 10月 23日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DIP-ADAPTER-EVM — DIP アダプタの評価基板

DIP-Adapter-EVM は、オペアンプの迅速なプロトタイプ製作とテストを可能にする評価基板です。小型の表面実装 IC とのインターフェイスを迅速、容易、低コストで実現します。付属の Samtec 端子ストリップか、回路への直接配線により、サポートされているオペアンプを接続できます。

DIP-Adapter-EVM キットは、業界標準の最も一般的なパッケージをサポートしています:

  • D と U(SOIC-8)
  • PW(TSSOP-8)
  • DGK(MSOP-8、VSSOP-8)
  • DBV(SOT23-6、SOT23-5、SOT23-3)
  • DCK(SC70-6、SC70-5)
  • DRL(SOT563-6)
ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

REF2025 PSpice Model

SBOM894.ZIP (35 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

REF2025 TINA-TI Spice Model

SBOM895.ZIP (8 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・モデル

REF2025 TINA-TI Reference Design

SBOM896.TSC (21 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
リファレンス・デザイン

PMP23069 — 180W/in³ (10.98W/立法 cm) を上回る電力密度を達成する、3.6kW の単相トーテム・ポール・ブリッジレス PFC のリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、GaN ベースの 3.6kW 単相連続導通モード (CCM) トーテム・ポール力率補正 (PFC) コンバータであり、最大の電力密度を目標にしています。電力段の後段に小型の昇圧コンバータを配置しており、バルク・コンデンサのサイズ小型化に貢献します。ドライバと保護機能を内蔵した上面冷却型 GaN である LMG3522 を採用した結果、効率の向上や、電源のサイズ小型化と複雑さの低減を実現しています。F28004x または F28002x の各 C2000™ コントローラは、多様な高度制御用途に適しており、高速リレー制御、AC (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-010086 — コスト最適化済みバッテリ・テスト・システム向け、デジタル制御のリファレンス・デザイン

This reference design provides a cost-effective solution for battery formation and test applications. This design uses the C2000™ real-time control MCU for high-resolution pulse-width modulation (PWM) generation, and constant-current (CC) and constant-voltage (CV)
control loops. It efficiently (...)
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

PMP22220 — 1500-W AC switch bridgeless PFC reference design

このリファレンス・デザインは、連続導通モード (CCM) で動作する AC スイッチ・ブリッジレス力率補正 (PFC) を提示します。このデザインは、ユニバーサル AC 入力電圧 (90VAC ~ 264VAC) を受け入れ、390V、1,000W の低ライン出力と、1,500W の高ライン出力を供給します。このデザインは、UCD3138 デジタル・コントローラと UCC21220 絶縁型ゲート・ドライバを使用しています。このデザインは、115VAC 入力時に 97.1% のピーク効率、230VAC 入力時に 98.3% のピーク効率を達成します。全高調波歪 (THD) は、115VAC (...)
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-01063 — PCB Rogowski コイル・センサを使用する高精度 AC 電流測定のリファレンス・デザイン

TIDA-01063 is a reference design for current sensing using a PCB Rogowski Coil sensor to achieve very good linearity for wide measurement range at very low system BOM cost. PCB Rogowski sensor is advantageous for isolated current measurement due to very high bandwidth of 20 MHz and fast settling (...)
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00178 — Sin/Cos エンコーダのインターフェース、Sitara AM437x 付き、リファレンス・デザイン

The TIDA-00178 reference design is an EMC compliant industrial interface to Sin/Cos position encoders. Applications include industrial drives, which require accurate speed and position control.

The design utilizes a 16-bit dual sample ADC with drop-in compatible 14- or 12-bit versions available, (...)

回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00368 — 電流出力ホール・センサと差動 ADC/MCU を使用する CT とのインターフェース、リファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、差動 ADC (スタンドアロンおよびマイコンに統合済み) に対する電流出力ホール・センサと変流器のインターフェイスを提供します。差動型シグナル・コンディショニング回路は、-25°C ~ 75°C の動作温度範囲全体にわたり ±0.5% の精度でモーター電流を測定するために設計されています。差動アンプの出力同相電圧は、1.25V または 2.5V のいずれかを選択できます。
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIDA-00316 — 電流出力ホール・センサと CT を擬似差動 ADC/MCU リファレンス・デザインとインターフェイス

このリファレンス・デザインは、擬似差動 ADC (スタンドアロンおよびマイコンに統合済み) に対する電流出力ホール・センサと変流器のインターフェイスを提供します。2 種類のシグナル・コンディショニング回路は、バイポーラおよびユニポーラ電源電圧をそれぞれ使用してモーター電流を測定するために設計されています。両方のシグナル・コンディショニング回路は、-25°C ~ 75°C の動作温度範囲で精度 ±0.5% の電流測定を実現します。
回路図: PDF
リファレンス・デザイン

TIPD156 — 低ドリフト双方向単電源、ローサイド、電流検知リファレンス・デザイン

This Verified TI Precision Design implements a low-drift, bi-directional, low-side, single-supply current sensing solution that measures load currents from -2.5 A to +2.5 A.  The output range is from 250 mV to 2.75 V, with 0 A current centered at 1.5 V.  To achieve low-drift performance, (...)
ユーザー・ガイド: PDF
回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23-THIN (DDC) 5 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ