製品詳細

Resolution (Bits) 12 Number of input channels 2 Sample rate (Max) (kSPS) 140 Interface type I2C Architecture SAR Input type Pseudo-Differential, Single-Ended Multi-channel configuration Multiplexed Rating Automotive TI functional safety category Functional Safety-Capable Reference mode Supply Input range (Max) (V) 3.6 Input range (Min) (V) 0 Features Comparator, Oscillator, Small Size Operating temperature range (C) -40 to 125 Power consumption (Typ) (mW) 0.0009 Analog voltage AVDD (Min) (V) 1.65 SNR (dB) 71.5 Analog voltage AVDD (Max) (V) 3.6 INL (Max) (+/-LSB) 1 Digital supply (Min) (V) 1.65 Digital supply (Max) (V) 3.6
Resolution (Bits) 12 Number of input channels 2 Sample rate (Max) (kSPS) 140 Interface type I2C Architecture SAR Input type Pseudo-Differential, Single-Ended Multi-channel configuration Multiplexed Rating Automotive TI functional safety category Functional Safety-Capable Reference mode Supply Input range (Max) (V) 3.6 Input range (Min) (V) 0 Features Comparator, Oscillator, Small Size Operating temperature range (C) -40 to 125 Power consumption (Typ) (mW) 0.0009 Analog voltage AVDD (Min) (V) 1.65 SNR (dB) 71.5 Analog voltage AVDD (Max) (V) 3.6 INL (Max) (+/-LSB) 1 Digital supply (Min) (V) 1.65 Digital supply (Max) (V) 3.6
WSON (DQC) 10 6 mm² 3 x 2
  • 車載アプリケーション用に AEC-Q100 認定済み:
    • 温度グレード 1:-40℃~+125℃、TA
  • 機能安全対応
  • 小型のパッケージ3mm × 2mm
  • 12 ビットのノイズ・フリー分解能
  • 最大 140kSPS のサンプリング・レート
  • ホストの効率的なスリープおよびウェイクアップ
    • 900nW での自律的モニタリング
    • イベント・トリガによるホスト・ウェイクアップ用のウィンドウ付きコンパレータ
  • センサの構成と較正が独立
    • デュアル・チャネル、疑似差動、またはグランド検出の入力構成
    • 較正のスレッショルドをプログラム可能
    • 内部的な較正によりオフセットとドリフト係数が改善
  • 誤ったトリガの防止
    • チャネルごとにスレッショルドをプログラム可能
    • ノイズ耐性のためにヒステリシスをプログラム可能
    • 過渡除去用のイベント・カウンタ
  • I2C インターフェイス
    • 1.65V ~ 3.6V まで互換
    • 8つのアドレスを構成可能
    • 最高 3.4MHz (High Speed)
  • アナログ電源:1.65V~3.6V
  • 車載アプリケーション用に AEC-Q100 認定済み:
    • 温度グレード 1:-40℃~+125℃、TA
  • 機能安全対応
  • 小型のパッケージ3mm × 2mm
  • 12 ビットのノイズ・フリー分解能
  • 最大 140kSPS のサンプリング・レート
  • ホストの効率的なスリープおよびウェイクアップ
    • 900nW での自律的モニタリング
    • イベント・トリガによるホスト・ウェイクアップ用のウィンドウ付きコンパレータ
  • センサの構成と較正が独立
    • デュアル・チャネル、疑似差動、またはグランド検出の入力構成
    • 較正のスレッショルドをプログラム可能
    • 内部的な較正によりオフセットとドリフト係数が改善
  • 誤ったトリガの防止
    • チャネルごとにスレッショルドをプログラム可能
    • ノイズ耐性のためにヒステリシスをプログラム可能
    • 過渡除去用のイベント・カウンタ
  • I2C インターフェイス
    • 1.65V ~ 3.6V まで互換
    • 8つのアドレスを構成可能
    • 最高 3.4MHz (High Speed)
  • アナログ電源:1.65V~3.6V

ADS7142-Q1 は 12 ビット、140kSPS の逐次比較型 (SAR) アナログ/デジタル・コンバータ (ADC) で、信号を自律的に監視しながら、システムの電力、信頼性、性能を最大化できます。このデバイスには、デジタル・ウィンドウ付きコンパレータを使用して、チャネルごとにイベント・トリガによる割り込みが実装されており、ハイおよびローのスレッショルド、ヒステリシス、およびイベント・カウンタをプログラム可能です。SAR ADC の前段にデュアル・チャネルのアナログ・マルチプレクサがあり、後段にセンサからのデータを変換してキャプチャするための内部データ・バッファがあります。

ADS7142-Q1 は 10 ピン WSON パッケージで供給され、消費電力はわずか 900nW です。このデバイスは、小さな外形と低消費電力から、スペースに制約のあるアプリケーションに適しています。

ADS7142-Q1 は 12 ビット、140kSPS の逐次比較型 (SAR) アナログ/デジタル・コンバータ (ADC) で、信号を自律的に監視しながら、システムの電力、信頼性、性能を最大化できます。このデバイスには、デジタル・ウィンドウ付きコンパレータを使用して、チャネルごとにイベント・トリガによる割り込みが実装されており、ハイおよびローのスレッショルド、ヒステリシス、およびイベント・カウンタをプログラム可能です。SAR ADC の前段にデュアル・チャネルのアナログ・マルチプレクサがあり、後段にセンサからのデータを変換してキャプチャするための内部データ・バッファがあります。

ADS7142-Q1 は 10 ピン WSON パッケージで供給され、消費電力はわずか 900nW です。このデバイスは、小さな外形と低消費電力から、スペースに制約のあるアプリケーションに適しています。

ダウンロード

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
11 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート ADS7142-Q1 車載用 2 チャネル、12 ビット、140kSPS、I2C 互換 ADC、スレッショルドをプログラム可能、ホスト・ウェイクアップ機能搭載 データシート (Rev. B 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.B) PDF | HTML 2022年 10月 26日
技術記事 Balancing ADC size, power, resolution and bandwidth in precision data-acquisition systems 2021年 12月 3日
ユーザー・ガイド BOOSTXL-ADS7142-Q1 BoosterPack™ Plug-In Module (Rev. B) PDF | HTML 2021年 6月 9日
機能安全情報 ADS7142-Q1 Functional Safety, FIT Rate, Failure Mode Distribution and Pin FMA 2020年 10月 6日
技術記事 How an automotive ADC can help designers achieve functional safety in ADAS 2020年 6月 9日
技術記事 Four ways to improve your ADC system power supply rejection 2015年 6月 25日
技術記事 Leverage coherent sampling and FFT windows when evaluating SAR ADCs (Part 1) 2015年 3月 13日
アプリケーション・ノート 高速データ変換 英語版をダウンロード 2009年 12月 11日
アプリケーション・ノート データ収集と A/D 変換の原理 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) PDF | HTML 2009年 8月 5日
アプリケーション・ノート データ・コンバータのドリフトに関する設計者の必須知識: 最悪劣化度の構成要素を理解して仕様の条件を減らす 2009年 4月 22日
アプリケーション・ノート アナログ・デジタルの仕様とパフォーマンス特性の用語集 (Rev. A 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.B) 2008年 1月 18日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

評価ボード

BOOSTXL-ADS7142-Q1 — ADS7142-Q1 12 ビット、140kSPS、2 チャネル、ナノパワー SAR BoosterPack™ プラグイン・モジュール

BOOSTXL-ADS7142-Q1 は、ナノパワー、デュアルチャネル、センサ・モニタ・デバイスである逐次比較型 (SAR) A/D コンバータ (ADC) ADS7142-Q1 の性能を評価するためのプラットフォームです。この評価キットには、ADS7142-Q1 BoosterPack™ プラグイン・モジュールが付属しています。このモジュールは、このデバイスのさまざまなモードを提示するための設計を採用しています。

ユーザー・ガイド: PDF | HTML
プラグイン

SIMPLELINK-SDK-SENSOR-ACTUATOR-PLUGIN SimpleLink™ マイコン SDK 向けセンサ/アクチュエータ・プラグイン

The Sensor and Actuator Plugin for SimpleLink™ MCU SDKs provides support for a variety of related components including optical and temperature and humidity sensors, allowing customers to easily add new features to their SimpleLink MCU-based design. API user guides are provided for each (...)

サポート対象の製品とハードウェア

サポート対象の製品とハードウェア

製品
Bluetooth 製品
CC2640R2F 128kB フラッシュと 275kB ROM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン
デジタル温度センサ
TMP116 64 ビット不揮発性メモリ搭載、精度 0.2℃ のデジタル温度センサ
超音波センサ AFE
PGA460 超音波信号プロセッサおよびトランスデューサ・ドライバ
Wi-Fi 製品
CC3220MODA アンテナ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi CERTIFIED™ ワイヤレス・モジュール CC3220R 6 TLS/SSL と 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU) CC3220S セキュア・ブートと 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU) CC3220SF 1MB フラッシュと 256kB RAM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4 Wi-Fi® ワイヤレス・マイコン (MCU)
リニア・ホール・エフェクト・センサ
DRV5055 アナログ出力、レシオメトリック・リニア・ホール・エフェクト・センサ
周辺光センサ
OPT3001 人間の目に類似した高精度の応答性、デジタル周辺光センサ (ALS)
湿度センサ
HDC2010 2% の RH (相対湿度) 精度、超小型、低消費電力、デジタル相対湿度センサ HDC2080 割り込みと DRDY (データ準備完了) ピン搭載、2% の RH (相対湿度) 精度、超低消費電力、デジタル相対湿度センサ
Precision ADCs (<=10MSPS)
ADS7142-Q1 車載向け、プログラマブル・スレッショルド、ホストのウェークアップ機能搭載、2 チャネル、12 ビット、140kSPS、I2C 互換 ADC
ハードウェア開発
BOOSTXL-ADS7142-Q1 ADS7142-Q1 12 ビット、140kSPS、2 チャネル、ナノパワー SAR BoosterPack™ プラグイン・モジュール BOOSTXL-BASSENSORS Sensors BoosterPack plug-in module for building automation BOOSTXL-PGA460 PGA460-Q1 トランスデューサ付き超音波センサ・シグナル・コンディショニングの評価モジュール BOOSTXL-SENSORS センサ BoosterPack プラグイン・モジュール BOOSTXL-ULN2003 ULN2003 と CSD17571Q2 NexFET™ を使用したデュアル・ステッパ・モーター・ドライバの BoosterPack CC3220S-LAUNCHXL SimpleLink™ Wi-Fi® CC3220S ワイヤレス・マイコン LaunchPad™ 開発キット CC3220SF-LAUNCHXL SimpleLink™ Wi-Fi® CC3220SF ワイヤレス・マイコン向け LaunchPad™ 開発キット LAUNCHXL-CC1310 SimpleLink™ Sub-1GHz CC1310 ワイヤレス・マイコン LaunchPad™ 開発キット LAUNCHXL-CC1352R1 SimpleLink™ マルチバンド CC1352R ワイヤレス・マイコン LaunchPad™ 開発キット LAUNCHXL-CC2640R2 SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy CC2640R2 ワイヤレス・マイコン LaunchPad™ 開発キット LAUNCHXL-CC26X2R1 SimpleLink™ マルチスタンダード CC26x2R ワイヤレス・マイコン向け LaunchPad™ 開発キット MSP-EXP432E401Y SimpleLink™ イーサネット MSP432E401Y MCU LaunchPad™ 開発キット
クラウド上で評価 ダウンロードオプション
シミュレーション・モデル

ADS7142 IBIS Model

SBAM333.ZIP (45 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル

ADS7142 TINA-TI Transient Spice Model

SBAM380.ZIP (12 KB) - TINA-TI Spice Model
計算ツール

ADC-INPUT-CALC — Analog-to-digital converter (ADC) input driver design tool supporting multiple input types

ADC-INPUT-CALC は A/D コンバータ(ADC)に対する入力バッファの設計をサポートするオンライン・ツールです。ADC 入力の駆動に使用可能な 24 種類のオペアンプ・ベース・バッファ回路を用意しています。使用可能なトポロジーは差動、シングルエンド、トランス結合型入力です。AC 結合型と DC 結合型の設計、単一電源とデュアル電源トポロジーをサポートしています。Beginner モードと Expert モードの 2 つのモードを提供しています。Beginner (...)
計算ツール

ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ技術者向けカリキュレータ

アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
lock = 輸出許可が必要 (1 分)
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー・ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
WSON (DQC) 10 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ