LMX2572LPEVM

FSK 変調機能付き、2GHz 低消費電力、広帯域 RF シンセサイザの評価基板

LMX2572LPEVM

購入

概要

この評価基板 (EVM) は、LMX2572LP に対応しています。このデバイスは低消費電力、高性能の広帯域シンセサイザであり、内部ダブラ (周波数増倍機能) を使用せずに、12.5 ~ 2GHzの範囲で任意の周波数を生成できます。PLLは非常に優れた性能を実現していながら、単一の3.3V電源で消費電流はわずか70 mAです。開発ユーザーは SYNC 信号を供給する方法で、複数の LMX2572LP デバイスの間で出力位相を同期することができます。LMX2572LP は周波数ランプを生成することもできます。この評価基板を使用すると、そのデモを実行できます。さらに、LMX2572LP はダイレクト・デジタル FSK (周波数シフト・キーイング) 変調をサポートしています。その目的で、シリアル・インターフェイスを SPI または I2S インターフェイスとして構成することもできます。キット形式の Reference Pro モジュールを使用して、クリーンなリファレンス・クロックを供給し、LMX2572LP 評価基板をプログラム (構成) することもできます。

特長
  • 12.5MHz ~ 2GHz の出力周波数 
  • 800MHz の搬送波周波数使用時に、100kHz のオフセットで -124 dBc/Hz の位相ノイズ
  • 1 個のダイレクト VCO 出力を採用し、動作電流は 70mA
  • 出力電力がプログラム可能な 2 組の差動出力
  • シンセサイザ向け包括的な回路を搭載した、性能最適化とテスト済みの評価基板で、USB プログラミング・モジュールが付属

リファレンス PRO(SV601349)、IDC ケーブル(M3DDA-1006J)、USB ケーブル(Q362-ND)、2 個の SMA アダプタ(132168)

RF PLL / シンセサイザ
LMX2572LP FSK 変調機能搭載、2GHz 低消費電力広帯域 RF シンセサイザ

開始する

  1. LMX2572LPEVM のご注文
  2. TICSPRO SWPLLATINUMSIM-SW のダウンロードとインストール
  3. LMX2572LPEVM user's guide (英語) を読む
  4. TICSPRO SW を使用して複数のレジスタを構成し、PLLATINUMSIM-SW で性能をシミュレート

購入と開発の開始

評価ボード

LMX2572LPEVM — FSK 変調機能付き、2GHz 低消費電力、広帯域 RF シンセサイザの評価モジュール

TI.com で取り扱いなし
TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 3
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* EVM ユーザー ガイド (英語) LMX2572LPEVM User's Guide 2018年 5月 24日
証明書 LMX2572LPEVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2019年 1月 2日
データシート LMX2572LP 2GHz、低消費電力の広帯域RFシンセサイザ、FSK変調 データシート PDF | HTML 英語版をダウンロード PDF | HTML 2018年 5月 24日

関連する設計リソース

ハードウェア開発

評価ボード
XMICR-3P-LMX2572 LMX2572 X-MWblock evaluation modules

ソフトウェア開発

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク
TICSPRO-SW TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェア

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ