製品詳細

Function Dual-loop PLL Number of outputs 15 RMS jitter (fs) 54 Output frequency (Min) (MHz) 0.305 Output frequency (Max) (MHz) 3250 Input type LVCMOS, LVDS, LVPECL Output type LVCMOS, LVDS, LVPECL Supply voltage (Min) (V) 3.15 Supply voltage (Max) (V) 3.45 Features JESD204B Operating temperature range (C) -40 to 85
Function Dual-loop PLL Number of outputs 15 RMS jitter (fs) 54 Output frequency (Min) (MHz) 0.305 Output frequency (Max) (MHz) 3250 Input type LVCMOS, LVDS, LVPECL Output type LVCMOS, LVDS, LVPECL Supply voltage (Min) (V) 3.15 Supply voltage (Max) (V) 3.45 Features JESD204B Operating temperature range (C) -40 to 85
WQFN (NKD) 64 81 mm² 9 x 9
  • 最大クロック出力周波数: 3255MHz
  • マルチモード: デュアルPLL、シングルPLL、クロック分配
  • 超低ノイズ(2500MHz時):
    • 54fs RMSジッタ(12kHz~20MHz)
    • 64fs RMSジッタ(100Hz~20MHz)
    • -157.6dBc/Hzのノイズ・フロア
  • 超低ノイズ(3200MHz時):
    • 61fs RMSジッタ(12kHz~20MHz)
    • 67fs RMSジッタ(100Hz~100MHz)
    • -156.5dBc/Hzのノイズ・フロア
  • PLL2
    • PLL FOM: -230dBc/Hz
    • PLL 1/f: -128dBc/Hz
    • 位相検出速度: 最高320MHz
    • 2つの内蔵VCO: 2440~2580MHz
      および2945~3255MHz
  • 最大14個の差動デバイス・クロック
    • CML、LVPECL、LCPECL、HSDS、LVDS、2xLVCMOSプログラマブル出力
  • 最大1個のバッファ付きVCXO/XO出力
    • LVPECL、LVDS、2xLVCMOSプログラマブル
  • 1-1023のCLKout分周器
  • 1-8191のSYSREF分周器
  • SYSREFクロックの25psステップ・アナログ遅延
  • デバイス・クロックおよびSYSREFのデジタル遅延および動的デジタル遅延
  • PLL1によるホールドオーバー・モード
  • PLL1またはPLL2による0遅延
  • 105℃のPCB温度に対応(サーマル・パッドで測定)
  • 最大クロック出力周波数: 3255MHz
  • マルチモード: デュアルPLL、シングルPLL、クロック分配
  • 超低ノイズ(2500MHz時):
    • 54fs RMSジッタ(12kHz~20MHz)
    • 64fs RMSジッタ(100Hz~20MHz)
    • -157.6dBc/Hzのノイズ・フロア
  • 超低ノイズ(3200MHz時):
    • 61fs RMSジッタ(12kHz~20MHz)
    • 67fs RMSジッタ(100Hz~100MHz)
    • -156.5dBc/Hzのノイズ・フロア
  • PLL2
    • PLL FOM: -230dBc/Hz
    • PLL 1/f: -128dBc/Hz
    • 位相検出速度: 最高320MHz
    • 2つの内蔵VCO: 2440~2580MHz
      および2945~3255MHz
  • 最大14個の差動デバイス・クロック
    • CML、LVPECL、LCPECL、HSDS、LVDS、2xLVCMOSプログラマブル出力
  • 最大1個のバッファ付きVCXO/XO出力
    • LVPECL、LVDS、2xLVCMOSプログラマブル
  • 1-1023のCLKout分周器
  • 1-8191のSYSREF分周器
  • SYSREFクロックの25psステップ・アナログ遅延
  • デバイス・クロックおよびSYSREFのデジタル遅延および動的デジタル遅延
  • PLL1によるホールドオーバー・モード
  • PLL1またはPLL2による0遅延
  • 105℃のPCB温度に対応(サーマル・パッドで測定)

LMK04832は、超高性能でJEDEC JESD204Bに準拠したクロック・コンディショナーで、LMK0482xファミリの製品とピン互換性があります。

PLL2からの14のクロック出力を構成して、7つのJESD204Bコンバータ、あるいはデバイス・クロックおよびSYSREFクロックを使用するその他のロジック・デバイスを駆動できます。DCおよびAC結合によりSYSREFを生成することが可能です。JESD204Bアプリケーションに限らず、従来のクロッキング・システム向けに14の出力をそれぞれ高性能出力として個別に構成できます。

LMK04832は、SYSREFの生成またはリクロッキングの有無にかかわらず、デュアルPLL、シングルPLL、またはクロック分配モードで動作するように構成できます。PLL2は内蔵VCOでも外付けVCOでも動作します。

高性能である上に、電力と性能のトレードオフ、デュアルVCO、動的デジタル遅延、ホールドオーバーといった機能を備えたLMK04832は、柔軟性の高い高性能クロック・ツリー・ソリューションとして最適です。

LMK04832は、超高性能でJEDEC JESD204Bに準拠したクロック・コンディショナーで、LMK0482xファミリの製品とピン互換性があります。

PLL2からの14のクロック出力を構成して、7つのJESD204Bコンバータ、あるいはデバイス・クロックおよびSYSREFクロックを使用するその他のロジック・デバイスを駆動できます。DCおよびAC結合によりSYSREFを生成することが可能です。JESD204Bアプリケーションに限らず、従来のクロッキング・システム向けに14の出力をそれぞれ高性能出力として個別に構成できます。

LMK04832は、SYSREFの生成またはリクロッキングの有無にかかわらず、デュアルPLL、シングルPLL、またはクロック分配モードで動作するように構成できます。PLL2は内蔵VCOでも外付けVCOでも動作します。

高性能である上に、電力と性能のトレードオフ、デュアルVCO、動的デジタル遅延、ホールドオーバーといった機能を備えたLMK04832は、柔軟性の高い高性能クロック・ツリー・ソリューションとして最適です。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品。
LMK04821 アクティブ JESD204B サポート、超低ジッタ・シンセサイザとジッタ・クリーナ Jitter synthesizer with lower VCO frequencies
LMK04826 アクティブ 1840 ~ 1970MHz の VCO0 内蔵、超低ノイズ、JESD204B 準拠クロック・ジッタ・クリーナ Jitter cleaner with lower VCO frequencies
LMK04828 アクティブ 2370 ~ 2630MHz の VCO0 内蔵、超低ノイズ、JESD204B 準拠クロック・ジッタ・クリーナ。 Jitter cleaner with lower VCO frequencies
比較対象デバイスと類似の機能。
NEW LMX1204 プレビュー JESD204B/C 対応、SYSREF サポート、位相同期機能搭載、12.8GHz RF バッファ、逓倍器、分周器 Performance clock buffer, multiplier, and divider distribution device

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
10 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LMK04832 超低ノイズ、JESD204B準拠クロック・ジッタ・クリーナ、デュアル・ループPLL内蔵 データシート (Rev. C 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.C) PDF | HTML 2018年 10月 5日
技術記事 Clock tree fundamentals: finding the right clocking devices for your design 2021年 3月 24日
アプリケーション・ノート Clocking for Medical Ultrasound Systems (Rev. A) PDF | HTML 2020年 9月 30日
証明書 LMK04832EVM-CVAL EU Declaration of Conformity (DoC) 2020年 5月 29日
アプリケーション・ノート Synchronization of Multiple LMK0482x Devices 2019年 12月 30日
技術記事 Step-by-step considerations for designing wide-bandwidth multichannel systems 2019年 6月 4日
EVM ユーザー ガイド (英語) LMK04832 User's Guide (Rev. A) 2017年 12月 21日
Analog Design Journal Analog Applications Journal 2Q 2015 2015年 4月 28日
Analog Design Journal JESD204B multi-device synchronization: Breaking down the requirements 2015年 4月 28日
Analog Design Journal When is the JESD204B interface the right choice? 2014年 1月 22日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

ADC12DJ3200EVMCVAL — ADC12DJ3200QML-SP 宇宙向け、12 ビット、デュアル 3.2GSPS / シングル 6.4GSPS、RF サンプリング ADC の評価基板

The ADC12DJ3200EVMCVAL is an evaluation module (EVM) that evaluates the ADC12DJ3200QML-SP device. ADC12DJ3200QML-SP is a space-grade, low-power, 12-bit, dual 3.2-GSPS/single 6.4-GSPS, RF-sampling analog-to-digital converter (ADC) with a buffered analog input, integrated digital down converter, (...)

TI.com で取り扱いなし
評価ボード

ADC32RF54EVM — ADC32RF54 デュアル・チャネル 14 ビット 2.6GSPS、高 NSD、RF サンプリング ADC の評価基板

ADC32RF54 評価基板 (EVM) は、JESD204B インターフェイスを搭載した高速 A/D コンバータ (ADC) である ADC32RF5x ファミリの性能を評価するためのプラットフォームです。オンボードの電圧レギュレーション機能、クロック供給ソリューション (LMK04832)、トランス結合型アナログ入力、USB インターフェイスを採用しているので、ADC32RF5x を容易に評価できます。

FPGA メザニン・カード (FMC) コネクタ経由で TSW14J58EVM (別売り) とのインターフェイスを確立することで、JESD204B インターフェイスのデータ・キャプチャ (...)

TI.com で取り扱いなし
評価ボード

LMK04832EVM — LMK04832 JESD204B クロック・ジッタ・クリーナ/クロック・ジェネレータ/ディストリビューションの評価基板

LMK04832EVM を使用すると、テスト機器や他の評価ボードで LMK04832 を評価し、特定のアプリケーションで使用するブロックまたはシステムの要件を検証することができます。 LMK04832 EVM (評価基板) は、デュアル・ループ動作の 122.88MHz VCXO をあらかじめ実装済みです。  性能評価の目的で他の VCXO 周波数を使用する場合や、特定のVCXO を使用する場合、標準の VCXO を置き換えることができます。  この EVM (評価基板) は、シングル・ループ動作、またはクロック分周器 / 遅延 / (...)
TI.com で取り扱いなし
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

PLLATINUMSIM-SW — PLLatinum™ シミュレーション・ツール

PLLATINUMSIM-SW は、開発ユーザーが TI の各種 PLLatinum™ IC の詳細な設計とシミュレーションを行うためのシミュレーション・ツールです。これらの IC は LMX シリーズのフェーズ・ロック・ループ (PLL) とシンセサイザを搭載しています。
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

TICSPRO-SW — TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェア

TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェアを使用すると、接頭辞 (製品型番の先頭部分) が以下のいずれかに該当する製品と組み合わせて、評価基板 (EVM) をプログラム (設定) することができます。CDC、LMK、LMX。これらの製品は、フェーズ・ロック・ループと電圧制御発振器 (PLL+VCO)、シンセサイザ、クロック関連デバイスを搭載しています。
シミュレーション・モデル

LMK04832 IBIS Model

SNAM221.ZIP (192 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT — Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
リファレンス・デザイン

TIDA-010230 — Multi-channel RF transceiver, low-noise clocking reference design for radar and EW applications

In modern radar and electronic warfare (EW) systems, active electronically-scanned array (AESA) antenna systems are often used with high speed multi-channel RF transceivers. These systems require very low noise clocking capable of precise channel-to-channel skew adjustment to achieve the optimal (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-010132 — レーダーと電子戦の各アプリケーション向け、マルチチャネル RF トランシーバのリファレンス・デザイン

This reference design, an 8-channel analog front end (AFE), is demonstrated using two AFE7444 4-channel RF transceivers and a LMK04828-LMX2594 based clocking subsystem which can enable designs to scale to 16 or more channels. Each AFE channel consists of a 14-bit, 9-GSPS DAC and a 3-GSPS ADC that (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01027 — 12.8GSPS データ・アクイジション・システムで性能を最大化する低ノイズ電源のリファレンス・デザイン

This reference design demonstrates an efficient, low-noise five-rail power supply design for very high-speed Data Acquisition (DAQ) systems capable of > 12.8 GSPS. The power supply DC/DC converters are frequency-synchronized and phase-shifted in order to minimize input current ripple and (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
WQFN (NKD) 64 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ