製品詳細

Integrated VCO No Output frequency (Min) (MHz) 3000 Output frequency (Max) (MHz) 7500 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -210 Current consumption (mA) 5.7 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -104
Integrated VCO No Output frequency (Min) (MHz) 3000 Output frequency (Max) (MHz) 7500 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -210 Current consumption (mA) 5.7 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -104
WQFN (RTW) 24 16 mm² 4 x 4
  • Quadruple Modulus Prescaler for Lower Divids
    • RF PLL: 16/17/20/21 or 32/33/36/37
    • IF PLL: 8/9 or 16/17
  • Advanced Delta Sigma Fractional Compensation
    • 12-Bit or 22-Bit Selectable Fractional Modulus
    • Up to 4th Order Programmable Delta-Sigma
      Modulator
  • Features for Improved Lock Time
    • Fastlock / Cycle Slip Reduction that Requires
      Single-Word Write
    • Integrated Time-Out Counter
  • Wide Operating Range
    • LMX2487E RF PLL: 3.0 GHz to 7.5 GHz
  • Useful Features
    • Digital Lock Detect Output
    • Hardware and Software Power-Down Control
    • On-Chip Crystal Reference Frequency Doubler
    • RF Phase Comparison Frequency Up to 50
      MHz
    • 2.5-V to 3.6-V Operation With ICC = 8.5 mA
      at 3.0 V
  • Quadruple Modulus Prescaler for Lower Divids
    • RF PLL: 16/17/20/21 or 32/33/36/37
    • IF PLL: 8/9 or 16/17
  • Advanced Delta Sigma Fractional Compensation
    • 12-Bit or 22-Bit Selectable Fractional Modulus
    • Up to 4th Order Programmable Delta-Sigma
      Modulator
  • Features for Improved Lock Time
    • Fastlock / Cycle Slip Reduction that Requires
      Single-Word Write
    • Integrated Time-Out Counter
  • Wide Operating Range
    • LMX2487E RF PLL: 3.0 GHz to 7.5 GHz
  • Useful Features
    • Digital Lock Detect Output
    • Hardware and Software Power-Down Control
    • On-Chip Crystal Reference Frequency Doubler
    • RF Phase Comparison Frequency Up to 50
      MHz
    • 2.5-V to 3.6-V Operation With ICC = 8.5 mA
      at 3.0 V

The LMX2487E device is a low power, high performance delta-sigma fractional-N PLL with an auxiliary integer-N PLL. It is fabricated using TI’s advanced process.

With delta-sigma architecture, fractional spurs at lower offset frequencies are pushed to higher frequencies outside the loop bandwidth. The ability to push close in spur and phase noise energy to higher frequencies is a direct function of the modulator order. Unlike analog compensation, the digital feedback technique used in the LMX2487E is highly resistant to changes in temperature and variations in wafer processing. The LMX2487E delta-sigma modulator is programmable up to fourth order, which allows the designer to select the optimum modulator order to fit the phase noise, spur, and lock time requirements of the system.

Serial data for programming the LMX2487E is transferred through a three-line, high-speed (20-MHz) MICROWIRE interface. The LMX2487E offers fine frequency resolution, low spurs, fast programming speed, and a single-word write to change the frequency. This makes it ideal for direct digital modulation applications, where the N-counter is directly modulated with information. The LMX2487E is available in a 24-lead 4.0 × 4.0 × 0.8 mm WQFN package.

The LMX2487E device is a low power, high performance delta-sigma fractional-N PLL with an auxiliary integer-N PLL. It is fabricated using TI’s advanced process.

With delta-sigma architecture, fractional spurs at lower offset frequencies are pushed to higher frequencies outside the loop bandwidth. The ability to push close in spur and phase noise energy to higher frequencies is a direct function of the modulator order. Unlike analog compensation, the digital feedback technique used in the LMX2487E is highly resistant to changes in temperature and variations in wafer processing. The LMX2487E delta-sigma modulator is programmable up to fourth order, which allows the designer to select the optimum modulator order to fit the phase noise, spur, and lock time requirements of the system.

Serial data for programming the LMX2487E is transferred through a three-line, high-speed (20-MHz) MICROWIRE interface. The LMX2487E offers fine frequency resolution, low spurs, fast programming speed, and a single-word write to change the frequency. This makes it ideal for direct digital modulation applications, where the N-counter is directly modulated with information. The LMX2487E is available in a 24-lead 4.0 × 4.0 × 0.8 mm WQFN package.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
2 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LMX2487E 7.5-GHz, High-Performance, Delta-Sigma Low-Power Dual PLLatinum Frequency Synthesizers With 3-GHz Integer PLL データシート (Rev. B) PDF | HTML 2016年 1月 13日
EVM ユーザー ガイド (英語) LMX248x Evaluation Board User's Guide (Rev. B) 2018年 7月 27日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LMX2487E-EVM — LMX2487E 評価基板

LMX2487E 評価ボードを使用すると、7.5GHz PLLatinumTM デュアル周波数シンセサイザである LMX2487E の評価が容易になります。このボードを使用すると、追加サポート回路なしで、すべての性能を測定できます。この評価ボードは、1 個の LMX2485 デバイス、1 個の RF VCO モジュール、IF VCO、ディスクリート部品を使用した複数の IF ループ・フィルタで構成されています。外部リファレンスの入力、RF VCO と IF VCO の出力、電源とグランドの接続を目的として、SMA フランジ・マウント・コネクタを実装済みです。付属の CodeLoader (...)

TI.com で取り扱いなし
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

CLOCKDESIGNTOOL — クロック設計ツール - ループ・フィルタおよびデバイス構成+シミュレーション

The Clock Design Tool software helps with part selection, loop filter design and simulation of timing device solutions. When you enter desired output frequencies and a reference frequency (optional), the tool provides TI devices to meet the specified requirements, divider values and a recommended (...)
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

PLLATINUMSIM-SW — PLLatinum™ シミュレーション・ツール

PLLATINUMSIM-SW は、開発ユーザーが TI の各種 PLLatinum™ IC の詳細な設計とシミュレーションを行うためのシミュレーション・ツールです。これらの IC は LMX シリーズのフェーズ・ロック・ループ (PLL) とシンセサイザを搭載しています。
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

TICSPRO-SW — TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェア

TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェアを使用すると、接頭辞 (製品型番の先頭部分) が以下のいずれかに該当する製品と組み合わせて、評価基板 (EVM) をプログラム (設定) することができます。CDC、LMK、LMX。これらの製品は、フェーズ・ロック・ループと電圧制御発振器 (PLL+VCO)、シンセサイザ、クロック関連デバイスを搭載しています。
IDE (統合開発環境)、コンパイラ、またはデバッガ

CODELOADER — CodeLoader デバイス・レジスタ・プログラミング

The CodeLoader 4 software is used to program the LMX PLLs and LMK timing devices through either the USB or line print terminal (LPT) port of a computer. This software also provides information on how to program the device by showing the bits that are actually sent.


Which software do I use?

Product

(...)

設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
パッケージ ピン数 ダウンロード
WQFN (RTW) 24 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ