製品詳細

Integrated VCO Yes Output frequency (Min) (MHz) 20 Output frequency (Max) (MHz) 9800 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -231 Current consumption (mA) 250 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -126
Integrated VCO Yes Output frequency (Min) (MHz) 20 Output frequency (Max) (MHz) 9800 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -231 Current consumption (mA) 250 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -126
VQFN (RHA) 40 36 mm² 6 x 6
  • Output Frequency Range from 20 to 9800 MHz
  • Industry Leading Phase Noise Performance
    • VCO Phase Noise: –134.5 dBc/Hz at 1-MHz Offset for 6-GHz Output
    • Normalized PLL Noise Floor: –231 dBc/Hz
    • Normalized PLL Flicker Noise: –126 dBc/Hz
    • 49-fs RMS Jitter (12 kHz to 20 MHz) for 6 GHz Output
  • Input Clock Frequency Up to 1400 MHz
  • Phase Detector Frequency Up to 200 MHz, and Up to 400 MHz in Integer-N Mode
  • Supports Fractional-N and Integer-N Modes
  • Dual Differential Outputs
  • Innovative Solution to Reduce Spurs
  • Programmable Phase Adjustment
  • Programmable Charge Pump Current
  • Programmable Output Power Level
  • SPI or uWire (4-Wire Serial Interface)
  • Single Power Supply Operation: 3.3 V
  • Output Frequency Range from 20 to 9800 MHz
  • Industry Leading Phase Noise Performance
    • VCO Phase Noise: –134.5 dBc/Hz at 1-MHz Offset for 6-GHz Output
    • Normalized PLL Noise Floor: –231 dBc/Hz
    • Normalized PLL Flicker Noise: –126 dBc/Hz
    • 49-fs RMS Jitter (12 kHz to 20 MHz) for 6 GHz Output
  • Input Clock Frequency Up to 1400 MHz
  • Phase Detector Frequency Up to 200 MHz, and Up to 400 MHz in Integer-N Mode
  • Supports Fractional-N and Integer-N Modes
  • Dual Differential Outputs
  • Innovative Solution to Reduce Spurs
  • Programmable Phase Adjustment
  • Programmable Charge Pump Current
  • Programmable Output Power Level
  • SPI or uWire (4-Wire Serial Interface)
  • Single Power Supply Operation: 3.3 V

The LMX25 92 device is a low-noise, wideband RF PLL with integrated VCO that supports a frequency range from 20 MHz to 9.8 GHz. The device supports both fractional-N and integer-N modes, with a 32-bit fractional divider allowing fine frequency selection. Integrated noise of 49 fs for 6-GHz output makes it an ideal low-noise source. Combining best-in-class PLL and integrated VCO noise with integrated LDOs, this device removes the need for multiple discrete devices in high performance systems.

The device accepts input frequencies up to 1.4 GHz, which combined with frequency dividers and programmable low noise multiplier allows flexible frequency planning. The additional programmable low-noise multiplier lets users mitigate the impact of integer boundary spurs. In Fractional-N mode, the device can adjust the output phase by a 32-bit resolution. For applications that need fast frequency changes, the device supports a fast calibration option which takes less than 25 µs.

This performance is achieved by using single 3.3-V supply. It supports 2 flexible differential outputs that can be configured as single-ended outputs as well. Users can choose to program one output from the VCO (or doubler) and the second from the channel divider. When not being used, each output can be muted separately.

The LMX25 92 device is a low-noise, wideband RF PLL with integrated VCO that supports a frequency range from 20 MHz to 9.8 GHz. The device supports both fractional-N and integer-N modes, with a 32-bit fractional divider allowing fine frequency selection. Integrated noise of 49 fs for 6-GHz output makes it an ideal low-noise source. Combining best-in-class PLL and integrated VCO noise with integrated LDOs, this device removes the need for multiple discrete devices in high performance systems.

The device accepts input frequencies up to 1.4 GHz, which combined with frequency dividers and programmable low noise multiplier allows flexible frequency planning. The additional programmable low-noise multiplier lets users mitigate the impact of integer boundary spurs. In Fractional-N mode, the device can adjust the output phase by a 32-bit resolution. For applications that need fast frequency changes, the device supports a fast calibration option which takes less than 25 µs.

This performance is achieved by using single 3.3-V supply. It supports 2 flexible differential outputs that can be configured as single-ended outputs as well. Users can choose to program one output from the VCO (or doubler) and the second from the channel divider. When not being used, each output can be muted separately.

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン配置が異なる製品。
LMX2594 アクティブ 位相同期機能搭載、JESD204B サポート、15GHz 広帯域、PLLatinum™ RF シンセサイザ LMX2594 has higher frequency operation
LMX2694-EP アクティブ エンハンスド製品、位相同期機能搭載 15GHz RF シンセサイザ LMX2694-EP has higher frequency operation and extended temperature operation
LMX2820 アクティブ 位相同期機能と誤差 5μs 未満の周波数キャリブレーション機能搭載、JESD 対応、22.6GHz 広帯域 RF シンセサイザ LMX2820 has higher frequency operation and additional features

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
7 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LMX2592 High Performance, Wideband PLLatinum™ RF Synthesizer With Integrated VCO データシート (Rev. G) PDF | HTML 2022年 8月 3日
アプリケーション・ノート Clocking Optimization for RF Sampling Analog-to-Digital Converters (Rev. A) PDF | HTML 2021年 4月 7日
技術記事 Don’t let bad reference signals destroy the phase noise in your PLL/synthesizer 2017年 1月 10日
技術記事 Why phase noise matters in RF sampling converters 2016年 11月 28日
技術記事 A survival guide to scaling your PLL loop filter design 2016年 11月 22日
技術記事 Issues with jitter, phase noise, lock time or spurs? Check the loop-filter bandwidth of your PLL 2016年 6月 6日
EVM ユーザー ガイド (英語) LMX2592EVM User's Guide 2015年 12月 18日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

DAC12DL3200EVM — DAC12DL3200 12 ビット、デュアル 3.2GSPS / シングル 6.4GSPS、RF サンプリング DAC の評価基板

DAC12DL3200 評価基板 (EVM) は、DAC12DL3200 を評価するためのプラットフォームです。この製品は、待ち時間が非常に短いデュアルチャネル 12 ビット RF サンプリング D/A コンバータ (DAC) であり、デュアルチャネル・モードで最大 3.2GSPS、シングルチャネル・モードで最大 6.4GSPS のサンプリング・レートで動作します。

DAC12DL3200 は、2GHz を上回る信号帯域幅を送信することができ、複数のナイキスト出力モードを使用する場合はキャリア周波数が 8GHz に迫ります。DAC12DL3200EVM デバイスの入力データは、高速 LVDS (...)

TI.com で取り扱いなし
評価ボード

LMX2592EVM — LMX2592EVM 高性能、広帯域周波数の PLLATINUM™ RF シンセサイザ IC

LMX2592EVM 評価基板 (EVM) を使用すると、LMX2592 デバイスを評価できます。LMX2592 デバイスは、位相ノイズの小ささで業界をリードする、非常に周波数の高い信号を出力します。電圧制御発振器 (VCO) を内蔵しているので、設計に使用する外部ディスクリート部品点数を最小化できます。このプリント基板 (PCB) は性能重視の最適化を実施しており、ループ・フィルタを容易にカスタマイズすることができます。LED は、PLL ロック・ステータスを迅速に確認できる設計を採用しています。オンボード発振器を搭載しているので、セットアップ・プロセスで必要なのは、3.3V (...)

TI.com で取り扱いなし
評価ボード

XMICR-3P-LMX2592 — LMX2592 X-MWblock evaluation modules

X-MWblocks consist of RF and Microwave “Drop-In” components that can be used individually for prototyping or in production assemblies. X-MWblocks are easy to test, integrate, align, and configure to 60 GHz and beyond. No messy Sweat Soldering or Silver Epoxy processes are required. X-MWblocks are (...)

From: X-Microwave
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

PLLATINUMSIM-SW — PLLatinum™ シミュレーション・ツール

PLLATINUMSIM-SW は、開発ユーザーが TI の各種 PLLatinum™ IC の詳細な設計とシミュレーションを行うためのシミュレーション・ツールです。これらの IC は LMX シリーズのフェーズ・ロック・ループ (PLL) とシンセサイザを搭載しています。
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

TICSPRO-SW — TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェア

TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェアを使用すると、接頭辞 (製品型番の先頭部分) が以下のいずれかに該当する製品と組み合わせて、評価基板 (EVM) をプログラム (設定) することができます。CDC、LMK、LMX。これらの製品は、フェーズ・ロック・ループと電圧制御発振器 (PLL+VCO)、シンセサイザ、クロック関連デバイスを搭載しています。
シミュレーション・モデル

LMX2582 IBIS Model (Rev. A) LMX2582 IBIS Model (Rev. A)

設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
リファレンス・デザイン

TIDA-00626 — 内蔵シンセサイザを使用するスパー低減機能付き 9.8GHz RF CW シグナル・ジェネレータのリファレンス・デザイン

TIDA-00626 は汎用スプリアス低減技術により、9.8GHz 広帯域、低位相ノイズの統合型連続波(CW)RF シグナル・ジェネレータを実現します。出力レベルは -32dBm ~ 14.5dBm の範囲で 0.5dB ステップでプログラムできます。このシグナル・ジェネレータはアナログ / ベクトル信号ジェネレータなどのアプリケーション向け局部発振器として、さらに RF ADC 向けクロック・ジェネレータとして使用することができます。TIDA-00626 は TI USB2ANY インターフェイス経由で任意の PC から制御可能なほか、マイコン MSP430F5529 の (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-00885 — 降圧コンバータからの給電により動作する 9.8GHz RF 高性能シンセサイザのリファレンス・デザイン

The TIDA-00885 design utilizes the LMX2592 a low-noise, wideband RF PLL with integrated VCO that can produce an output frequency range from 20 MHz to 9.8 GHz. The LMX2592 has excellent performance, integrated phase noise of 49fs for 6GHz output making it an ideal low noise source. There are two (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-00814 — RF サンプリング S バンド・レーダー・レシーバのリファレンス・デザイン

A direct RF sampling receiver approach to a radar system operating in S-band is demonstrated using the ADC32RF45, 3-Gsps, 14-bit analog to digital converter (ADC). RF sampling reduces the complexity of a system by removing down conversion and using a high sampling rate enables wider signal (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RHA) 40 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ