製品詳細

Integrated VCO Yes Output frequency (Min) (MHz) 45 Output frequency (Max) (MHz) 22600 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -236 Current consumption (mA) 500 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -134
Integrated VCO Yes Output frequency (Min) (MHz) 45 Output frequency (Max) (MHz) 22600 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -236 Current consumption (mA) 500 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -134
VQFNP (RTC) 48 49 mm² 7 x 7
  • Output frequency: 45 MHz to 22.6 GHz
  • 36-fs rms jitter (12 kHz – 95 MHz) at 6 GHz
  • High-performance PLL
    • Figure of merit: –236 dBc/Hz
    • Normalized 1/f noise: –134 dBc/Hz
    • -95 dBc Integer Mode Spurs (fPD=100 MHz)
    • High phase detector frequency
      • 400-MHz integer mode
      • 300-MHz fractional mode
    • Programmable input multiplier
    • Direct PFD input for offset mixing support allowing PLL N divider to be one for ultra-low jitter
  • 2.5-µs fast VCO calibration time
  • Mute pin with 200-ns mute/unmute time
  • –45-dBc VCO leakage with doubler enabled
  • Support for external VCO up to 22.6-GHz
  • Synchronization of output phase across multiple devices
  • Two differential RF outputs and one differential SYSREF output for JESD204B support
  • Output frequency: 45 MHz to 22.6 GHz
  • 36-fs rms jitter (12 kHz – 95 MHz) at 6 GHz
  • High-performance PLL
    • Figure of merit: –236 dBc/Hz
    • Normalized 1/f noise: –134 dBc/Hz
    • -95 dBc Integer Mode Spurs (fPD=100 MHz)
    • High phase detector frequency
      • 400-MHz integer mode
      • 300-MHz fractional mode
    • Programmable input multiplier
    • Direct PFD input for offset mixing support allowing PLL N divider to be one for ultra-low jitter
  • 2.5-µs fast VCO calibration time
  • Mute pin with 200-ns mute/unmute time
  • –45-dBc VCO leakage with doubler enabled
  • Support for external VCO up to 22.6-GHz
  • Synchronization of output phase across multiple devices
  • Two differential RF outputs and one differential SYSREF output for JESD204B support

The LMX2820 is a high-performance, wideband synthesizer that can generate any frequency in the range of 45 MHz to 22.6 GHz. The high performance PLL with figure of merit of –236 dBc/Hz and high phase detector frequency can attain very low in-band noise and integrated jitter. The high-speed N-divider has no pre-divider, thus significantly reducing the amplitude and number of spurs. There is also a programmable input multiplier to mitigate integer boundary spurs.

The LMX2820 allows users to synchronize the output of multiple devices and also enables applications that need deterministic delay between input and output. The fast calibration algorithm greatly reduces the VCO calibration time, enabling systems requiring fast frequency hopping. The LMX2820 can generate or repeat SYSREF that is compliant to the JESD204B standard, allowing for its use as a low-noise clock source for high-speed data converters. This synthesizer can also be used with an external VCO. A direct PFD input pin is provided to support offset mixing for low spurious transmission.

The device runs from a single 3.3-V supply and has integrated LDOs that eliminate the need for onboard low-noise LDOs.

The LMX2820 is a high-performance, wideband synthesizer that can generate any frequency in the range of 45 MHz to 22.6 GHz. The high performance PLL with figure of merit of –236 dBc/Hz and high phase detector frequency can attain very low in-band noise and integrated jitter. The high-speed N-divider has no pre-divider, thus significantly reducing the amplitude and number of spurs. There is also a programmable input multiplier to mitigate integer boundary spurs.

The LMX2820 allows users to synchronize the output of multiple devices and also enables applications that need deterministic delay between input and output. The fast calibration algorithm greatly reduces the VCO calibration time, enabling systems requiring fast frequency hopping. The LMX2820 can generate or repeat SYSREF that is compliant to the JESD204B standard, allowing for its use as a low-noise clock source for high-speed data converters. This synthesizer can also be used with an external VCO. A direct PFD input pin is provided to support offset mixing for low spurious transmission.

The device runs from a single 3.3-V supply and has integrated LDOs that eliminate the need for onboard low-noise LDOs.

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと類似の機能。
NEW LMX1204 アクティブ JESD204B/C 対応、SYSREF サポート、位相同期機能搭載、12.8GHz RF バッファ、逓倍器、分周器 Up to 12.8-GHz clock buffer, multiplier and divider and five-channel JESD support

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
9 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LMX2820 22.6-GHz Wideband PLLatinum RF Synthesizer With Phase Synchronization and JESD204B Support データシート (Rev. C) PDF | HTML 2021年 2月 4日
アプリケーション・ノート High Isolation, Fast Frequency Switching with LMX2820 in Ping-Pong Architecture PDF | HTML 2022年 9月 20日
アプリケーション・ノート Improved Phase Noise with LMX2820 Synthesizer Using External VCO and Mixer PDF | HTML 2022年 4月 22日
アプリケーション・ノート Combining Two LMX2820 Synthesizer Outputs for Improved Phase Noise (Rev. A) PDF | HTML 2022年 3月 3日
ユーザー・ガイド LMX2820 Register Map User's Guide (Rev. A) 2020年 12月 9日
アプリケーション・ノート Gsps ADC's Clocking 2020年 11月 11日
アプリケーション・ノート LMX2820 Application Note PDF | HTML 2020年 9月 17日
証明書 LMX2820EVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2020年 6月 9日
EVM ユーザー ガイド (英語) LMX2820EVM Evaluation Instructions (Rev. A) PDF | HTML 2020年 1月 5日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LMX2820EVM — LMX2820 22.6GHz 広帯域 RF シンセサイザの評価基板

この評価基板は、22.6GHz の広帯域 RF シンセサイザである LMX2820 向けです。このシンセサイザは、JESD204B に準拠した SYSREF 信号のバッファリングと生成をサポートします。LMX2820 を採用すると、このデバイスの複数のインスタンスからの出力を同期することができます。
ユーザー・ガイド: PDF | HTML
TI.com で取り扱いなし
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

TICSPRO-SW — TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェア

TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェアを使用すると、接頭辞 (製品型番の先頭部分) が以下のいずれかに該当する製品と組み合わせて、評価基板 (EVM) をプログラム (設定) することができます。CDC、LMK、LMX。これらの製品は、フェーズ・ロック・ループと電圧制御発振器 (PLL+VCO)、シンセサイザ、クロック関連デバイスを搭載しています。
シミュレーション・モデル

LMX2820 IBIS model

SNAM245.ZIP (45 KB) - IBIS Model
設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT — Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
リファレンス・デザイン

TIDA-010230 — Multi-channel RF transceiver, low-noise clocking reference design for radar and EW applications

In modern radar and electronic warfare (EW) systems, active electronically-scanned array (AESA) antenna systems are often used with high speed multi-channel RF transceivers. These systems require very low noise clocking capable of precise channel-to-channel skew adjustment to achieve the optimal (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RTC) 48 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ