LMK04832EVM

LMK04832 JESD204B クロック・ジッタ・クリーナ/クロック・ジェネレータ/ディストリビューションの評価基板

LMK04832EVM

購入

概要

LMK04832EVM を使用すると、テスト機器や他の評価ボードで LMK04832 を評価し、特定のアプリケーションで使用するブロックまたはシステムの要件を検証することができます。 LMK04832 EVM (評価基板) は、デュアル・ループ動作の 122.88MHz VCXO をあらかじめ実装済みです。  性能評価の目的で他の VCXO 周波数を使用する場合や、特定のVCXO を使用する場合、標準の VCXO を置き換えることができます。  この EVM (評価基板) は、シングル・ループ動作、またはクロック分周器 / 遅延 / ファンアウト構成に合わせて再構成できます。  LMK04832 は多用途デバイスであり、LMK04832EVM を使用すると、LMK04832 をさまざまな構成で評価できます。

特長
  • PLL1 を動作させるための最大 3 個のクロック入力と、PLL2 を動作させるための最大 4 個のクロック入力
  • OSCin の信号をバッファ経由で OSCout ポートに出力。この機能を使用する場合、クロック入力を 1 個減らす
  • 内部 VCO、外部 VCO、またはクロック入力から取得した信号を 14 個のクロック出力に供給。さらに、OSCin の信号をバッファ経由で 1 個出力
  • マルチ・デバイスを同期するために、CLKin0 ピンまたは SYNC ピンに SYNC を入力

  • LMK04832EVM
  • USB2ANY

クロック・ジッタ・クリーナとシンクロナイザ
LMK04832 デュアル・ループ搭載、超低ノイズ、JESD204B 準拠クロック・ジッタ・クリーナ

開始する

  1. LMK04832EVM のご注文
  2. TICSPRO SWPLLATINUMSIM-SW のダウンロードとインストール
  3. LMK04832EVM user's guide (英語) を読む
  4. TICSPRO SW を使用して複数のレジスタを構成し、PLLATINUMSIM-SW で性能をシミュレート

購入と開発の開始

評価ボード

LMK04832EVM — LMK04832 JESD204B クロック・ジッタ・クリーナ/クロック・ジェネレータ/ディストリビューションの評価モジュール

TI.com で取り扱いなし
TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます。

技術資料

star
= TI が選択した主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 3
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* EVM ユーザー ガイド (英語) LMK04832 User's Guide (Rev. A) 2017年 12月 21日
証明書 LMK04832EVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2019年 1月 2日
データシート LMK04832 超低ノイズ、JESD204B準拠クロック・ジッタ・クリーナ、デュアル・ループPLL内蔵 データシート (Rev. A 翻訳版) PDF | HTML 2018年 5月 22日

関連する設計リソース

ソフトウェア開発

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク
PLLATINUMSIM-SW PLLatinum™ シミュレーション・ツール TICSPRO-SW TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェア

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

すべてのフォーラムトピックを英語で表示

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ