製品詳細

Integrated VCO Yes Output frequency (Min) (MHz) 10 Output frequency (Max) (MHz) 1344 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -231 Current consumption (mA) 39 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -124
Integrated VCO Yes Output frequency (Min) (MHz) 10 Output frequency (Max) (MHz) 1344 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -231 Current consumption (mA) 39 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -124
  • Any Frequency from 10 MHz to 1344 MHz
  • Low Phase Noise and Spurs
    • –123 dBc/Hz at 12.5 kHz Offset at 480 MHz
    • –145 dBc/Hz at 1 MHz Offset at 480 MHz
    • Normalized PLL Noise Floor of –231 dBc/Hz
    • Spurious Better Than –75 dBc/Hz
  • New FastLock to Reduce Lock Time
  • A Novel Technique to Remove Integer Boundary
    Spurs
  • Integrated 5-V Charge Pump and Output Divider
    for External VCO Operation
  • 2-, 4- and 8-Level or Arbitrary Level Direct Digital
    FSK Modulation
  • One TX/RX Output or Two Fanout Outputs
  • Crystal, XO or Differential Reference Clock Input
  • Low Current Consumption
    • 39-mA Typical Synthesizer Mode (Internal
      VCO)
    • 9-mA Typical PLL Mode (External VCO)
  • 24-Bit Fractional-N Delta Sigma Modulator
  • Any Frequency from 10 MHz to 1344 MHz
  • Low Phase Noise and Spurs
    • –123 dBc/Hz at 12.5 kHz Offset at 480 MHz
    • –145 dBc/Hz at 1 MHz Offset at 480 MHz
    • Normalized PLL Noise Floor of –231 dBc/Hz
    • Spurious Better Than –75 dBc/Hz
  • New FastLock to Reduce Lock Time
  • A Novel Technique to Remove Integer Boundary
    Spurs
  • Integrated 5-V Charge Pump and Output Divider
    for External VCO Operation
  • 2-, 4- and 8-Level or Arbitrary Level Direct Digital
    FSK Modulation
  • One TX/RX Output or Two Fanout Outputs
  • Crystal, XO or Differential Reference Clock Input
  • Low Current Consumption
    • 39-mA Typical Synthesizer Mode (Internal
      VCO)
    • 9-mA Typical PLL Mode (External VCO)
  • 24-Bit Fractional-N Delta Sigma Modulator

The LMX2571 is a low-power, high-performance, wideband PLLatinum RF synthesizer that integrates a delta-sigma fractional N PLL, multiple core voltage-controlled oscillator (VCO), programmable output dividers and two output buffers. The VCO cores work up to 5.376 GHz resulting in continuous output frequency range of 10 MHz to 1344 MHz.

This synthesizer can also be used with an external VCO. To that end, a dedicated 5-V charge pump and an output divider are available for this configuration.

A unique programmable multiplier is also incorporated to help improve spurs, allowing the system to use every channel even if it falls on an integer boundary.

The output has an integrated SPDT switch that can be used as a transmit/receive switch in FDD radio application. Both outputs can also be turned on to provide 2 outputs at the same time.

The LMX2571 supports direct digital FSK modulation through programming or pins. Discrete level FSK, pulse shaping FSK, and analog FM modulation are supported.

A new FastLock technique can be used allowing the user to step from one frequency to the next in less than 1.5 ms even when an external VCO is used with a narrow band loop filter.

The LMX2571 is a low-power, high-performance, wideband PLLatinum RF synthesizer that integrates a delta-sigma fractional N PLL, multiple core voltage-controlled oscillator (VCO), programmable output dividers and two output buffers. The VCO cores work up to 5.376 GHz resulting in continuous output frequency range of 10 MHz to 1344 MHz.

This synthesizer can also be used with an external VCO. To that end, a dedicated 5-V charge pump and an output divider are available for this configuration.

A unique programmable multiplier is also incorporated to help improve spurs, allowing the system to use every channel even if it falls on an integer boundary.

The output has an integrated SPDT switch that can be used as a transmit/receive switch in FDD radio application. Both outputs can also be turned on to provide 2 outputs at the same time.

The LMX2571 supports direct digital FSK modulation through programming or pins. Discrete level FSK, pulse shaping FSK, and analog FM modulation are supported.

A new FastLock technique can be used allowing the user to step from one frequency to the next in less than 1.5 ms even when an external VCO is used with a narrow band loop filter.

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン互換製品。
NEW LMX2571-EP プレビュー エンハンスド製品、FSK 変調機能搭載、1.34GHz、低消費電力、極限温度拡張 RF シンセサイザ

Extended-temperature operation

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
5 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LMX2571 Low-Power, High-Performance PLLatinum RF Synthesizer with FSK Modulation データシート (Rev. A) PDF | HTML 2016年 6月 1日
技術記事 How to implement FM modulation 2017年 8月 3日
アプリケーション・ノート LMX2571 FSK application note 2017年 5月 30日
アプリケーション・ノート プログラム可能な入力マルチプライヤによる整数境界スプリアスの最小化 英語版をダウンロード 2017年 3月 6日
技術記事 Timing is Everything: Improving integer boundary spurs in fractional PLL synthesizers 2015年 8月 5日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LMX2571EVM — LMX2571 1.34GHz、低消費電力、極限温度拡張 RF シンセサイザの評価基板

LMX2571EVM は、VCO を内蔵した低ノイズ、高性能の周波数シンセサイザである LMX2571 の評価ボードです。VCO コアは低ノイズの 5GHz VCO であり、出力チャネル・デバイダの後段では、分割後の周波数は 10MHz ~ 1400MHz の範囲になります。

内部 VCO はバイパス可能なので、外部 VCO を使用することもできます。分離型の 5V チャージ・ポンプは外部 VCO 専用であり、5V VCO をサポートするためのオペアンプが不要になります。外部 VCO の出力は、別の出力チャネル・デバイダを経由して取り回すこともできます。

LMX2571EVM は、(1) SPI (...)

TI.com で取り扱いなし
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

PLLATINUMSIM-SW — PLLatinum™ シミュレーション・ツール

PLLATINUMSIM-SW は、開発ユーザーが TI の各種 PLLatinum™ IC の詳細な設計とシミュレーションを行うためのシミュレーション・ツールです。これらの IC は LMX シリーズのフェーズ・ロック・ループ (PLL) とシンセサイザを搭載しています。
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

TICSPRO-SW — TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェア

TICS (テキサス・インスツルメンツのクロックとシンセサイザ) Pro ソフトウェアを使用すると、接頭辞 (製品型番の先頭部分) が以下のいずれかに該当する製品と組み合わせて、評価基板 (EVM) をプログラム (設定) することができます。CDC、LMK、LMX。これらの製品は、フェーズ・ロック・ループと電圧制御発振器 (PLL+VCO)、シンセサイザ、クロック関連デバイスを搭載しています。
設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
リファレンス・デザイン

TIDA-00886 — シングルセル・バッテリで動作する低消費電力 RF PLL シンセサイザのリファレンス・デザイン

TIDA-00886 は高性能ワイドバンド PLLatinum™ 低消費電力 RF シンセサイザ LMX2571 と DC/DC 昇降圧コンバータ  TPS63050 を使用しており、シングルセル・バッテリを電源としています。  DC/DC 昇降圧コンバータ TPS63050 が LMX2571 の位相ノイズ特性に及ぼす影響が小さく、無視できる範囲にあることを示します。  LMX2571 は双方向無線アプリケーションやハンドヘルド試験 / 計測機器で非常に広く使用されています。シンセサイザ・モードで 39mA(内部 VCO)、PLL (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
(NJK) 36 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ