製品詳細

Function Differential Additive RMS jitter (Typ) (fs) 124 Output frequency (Max) (MHz) 2000 Number of outputs 16 Output supply voltage (V) 2.5, 3.3 Core supply voltage (V) 2.5, 3.3 Output skew (ps) 25 Features 2:16 fanout Operating temperature range (C) -40 to 85 Rating Catalog Output type LVPECL Input type LVCMOS, LVDS, LVPECL
Function Differential Additive RMS jitter (Typ) (fs) 124 Output frequency (Max) (MHz) 2000 Number of outputs 16 Output supply voltage (V) 2.5, 3.3 Core supply voltage (V) 2.5, 3.3 Output skew (ps) 25 Features 2:16 fanout Operating temperature range (C) -40 to 85 Rating Catalog Output type LVPECL Input type LVCMOS, LVDS, LVPECL
VQFN (RGZ) 48 49 mm² 7 x 7
  • Dual 1:8 Differential Buffer
  • Two Clock Inputs
  • Universal Inputs Can Accept LVPECL, LVDS,
    LVCMOS/LVTTL
  • 16 LVPECL Outputs
  • Maximum Clock Frequency: 2 GHz
  • Maximum Core Current Consumption: 115 mA
  • Very Low Additive Jitter: <100 fs, RMS
    in 10-kHz to 20-MHz Offset Range
  • 2.375-V to 3.6-V Device Power Supply
  • Maximum Propagation Delay: 550 ps
  • Maximum Within Bank Output Skew: 25 ps
  • LVPECL Reference Voltage, VAC_REF,
    Available for Capacitive-Coupled Inputs
  • Industrial Temperature Range: –l40°C
    to +85°C
  • Supports 105°C PCB Temperature (Measured
    with a Thermal Pad)
  • Available in 7-mm × 7-mm, 48-Pin VQFN
    (RGZ) Package
  • ESD Protection Exceeds 2000 V (HBM)
  • Dual 1:8 Differential Buffer
  • Two Clock Inputs
  • Universal Inputs Can Accept LVPECL, LVDS,
    LVCMOS/LVTTL
  • 16 LVPECL Outputs
  • Maximum Clock Frequency: 2 GHz
  • Maximum Core Current Consumption: 115 mA
  • Very Low Additive Jitter: <100 fs, RMS
    in 10-kHz to 20-MHz Offset Range
  • 2.375-V to 3.6-V Device Power Supply
  • Maximum Propagation Delay: 550 ps
  • Maximum Within Bank Output Skew: 25 ps
  • LVPECL Reference Voltage, VAC_REF,
    Available for Capacitive-Coupled Inputs
  • Industrial Temperature Range: –l40°C
    to +85°C
  • Supports 105°C PCB Temperature (Measured
    with a Thermal Pad)
  • Available in 7-mm × 7-mm, 48-Pin VQFN
    (RGZ) Package
  • ESD Protection Exceeds 2000 V (HBM)

The CDCLVP2108 is a highly versatile, low additive jitter buffer that can generate 16 copies of LVPECL clock outputs from two LVPECL, LVDS, or LVCMOS inputs for a variety of communication applications. It has a maximum clock frequency up to 2 GHz. Each buffer block consists of one input that feeds two LVPECL outputs. The overall additive jitter performance is less than 0.1 ps, RMS from 10 kHz to 20 MHz, and overall output skew is as low as 25 ps, making the device a perfect choice for use in demanding applications.

The CDCLVP2108 clock buffer distributes two clock inputs (IN0, IN1) to 16 pairs of differential LVPECL clock outputs (OUT0, OUT15) with minimum skew for clock distribution. Each buffer block consists of one input that feeds two LVPECL clock outputs. The inputs can be LVPECL, LVDS, or LVCMOS/LVTTL.

The CDCLVP2108 is specifically designed for driving 50-Ω transmission lines. When driving the inputs in single-ended mode, the LVPECL bias voltage (VAC_REF) must be applied to the unused negative input pin. However, for high-speed performance up to 2 GHz, differential mode is strongly recommended.

The CDCLVP2108 is characterized for operation from –40°C to +85°C and is available in a 7-mm × 7-mm, VQFN-48 package.

The CDCLVP2108 is a highly versatile, low additive jitter buffer that can generate 16 copies of LVPECL clock outputs from two LVPECL, LVDS, or LVCMOS inputs for a variety of communication applications. It has a maximum clock frequency up to 2 GHz. Each buffer block consists of one input that feeds two LVPECL outputs. The overall additive jitter performance is less than 0.1 ps, RMS from 10 kHz to 20 MHz, and overall output skew is as low as 25 ps, making the device a perfect choice for use in demanding applications.

The CDCLVP2108 clock buffer distributes two clock inputs (IN0, IN1) to 16 pairs of differential LVPECL clock outputs (OUT0, OUT15) with minimum skew for clock distribution. Each buffer block consists of one input that feeds two LVPECL clock outputs. The inputs can be LVPECL, LVDS, or LVCMOS/LVTTL.

The CDCLVP2108 is specifically designed for driving 50-Ω transmission lines. When driving the inputs in single-ended mode, the LVPECL bias voltage (VAC_REF) must be applied to the unused negative input pin. However, for high-speed performance up to 2 GHz, differential mode is strongly recommended.

The CDCLVP2108 is characterized for operation from –40°C to +85°C and is available in a 7-mm × 7-mm, VQFN-48 package.

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと類似の機能。
LMK00301 アクティブ 3GHz、10 出力、差動ファンアウト・バッファ / レベル・シフタ Ultra low additive jitter,1:10 universal differential buffer that can support LVPECL
LMK1D2108 アクティブ デュアル・バンク、8 チャネル出力、1.8V、2.5V、3.3V LVDS バッファ Same pinout with wider supported voltage range. LVPECL vs LVDS

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
3 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート CDCLVP2108 16-LVPECL Output, High-Performance Clock Buffer データシート (Rev. C) PDF | HTML 2013年 10月 25日
その他の技術資料 クロック&タイミング・ソリューション (Rev. A 翻訳版) 2013年 12月 11日
EVM ユーザー ガイド (英語) CDCLVP2108 User's Guide 2009年 5月 27日

設計および開発

その他のアイテムや必要なリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

評価ボード

CDCLVP2108EVM — CDCLVP2108 追加位相ノイズの小さいクロック・バッファの評価基板

CDCLVP2108EVM is the evaluation module for CDCLVP2108. The CDCLVP2108 is a highly versatile, low additive jitter buffer that integrates two channels of 1:8 LVPECL buffers with selectable LVPECL, LVDS, or LVCMOS inputs. It has a maximum clock frequency up to 2 GHz. The overall additive jitter (...)

ユーザー・ガイド: PDF
シミュレーション・モデル

CDCLVPxxxx IBIS Model (Rev. B)

SLLM056B.ZIP (40 KB) - IBIS Model
設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT

Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGZ) 48 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 材料 (内容)
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ