製品詳細

Function Dual-loop PLL Number of outputs 7 RMS jitter (fs) 100 Output frequency (Min) (MHz) 0.22 Output frequency (Max) (MHz) 2600 Input type LVCMOS, LVDS, LVPECL Output type LVCMOS, LVDS, LVPECL Supply voltage (Min) (V) 3.15 Supply voltage (Max) (V) 3.45 Features 0 Delay Operating temperature range (C) -40 to 85
Function Dual-loop PLL Number of outputs 7 RMS jitter (fs) 100 Output frequency (Min) (MHz) 0.22 Output frequency (Max) (MHz) 2600 Input type LVCMOS, LVDS, LVPECL Output type LVCMOS, LVDS, LVPECL Supply voltage (Min) (V) 3.15 Supply voltage (Max) (V) 3.45 Features 0 Delay Operating temperature range (C) -40 to 85
WQFN (NKD) 64 81 mm² 9 x 9
  • Ultralow RMS Jitter Performance
    • 100-fs RMS Jitter (12 kHz to 20 MHz)
    • 123-fs RMS Jitter (100 Hz to 20 MHz)
  • Dual Loop PLLatinum™ PLL Architecture
    • PLL1
      • Integrated Low-Noise Crystal Oscillator Circuit
      • Holdover Mode when Input Clocks are Lost
        • Automatic or Manual Triggering/Recovery
    • PLL2
      • Normalized [1 Hz] PLL Noise Floor of –227 dBc/Hz
      • Phase Detector Rate up to 155 MHz
      • OSCin Frequency-doubler
      • Integrated Low-Noise VCO
  • 3 Redundant Input Clocks with LOS
    • Automatic and Manual Switch-Over Modes
  • 50% Duty Cycle Output Divides, 1 to 1045 (Even and Odd)
  • LVPECL, LVDS, or LVCMOS Programmable Outputs
  • Precision Digital Delay, Fixed or Dynamically Adjustable
  • 25-ps Step Analog Delay Control.
  • 6 Differential Outputs. Up to 12 Single Ended.
    • Up to 5 VCXO/Crystal Buffered Outputs
  • Clock Rates of up to 2600 MHz
  • 0-Delay Mode
  • Three Default Clock Outputs at Power Up
  • Multi-mode: Dual PLL, Single PLL, and Clock Distribution
  • Industrial Temperature Range: –40 to 85 °C
  • 3.15-V to 3.45-V Operation
  • Package: 64-Pin WQFN (9 mm × 9 mm × 0.8 mm)
  • Ultralow RMS Jitter Performance
    • 100-fs RMS Jitter (12 kHz to 20 MHz)
    • 123-fs RMS Jitter (100 Hz to 20 MHz)
  • Dual Loop PLLatinum™ PLL Architecture
    • PLL1
      • Integrated Low-Noise Crystal Oscillator Circuit
      • Holdover Mode when Input Clocks are Lost
        • Automatic or Manual Triggering/Recovery
    • PLL2
      • Normalized [1 Hz] PLL Noise Floor of –227 dBc/Hz
      • Phase Detector Rate up to 155 MHz
      • OSCin Frequency-doubler
      • Integrated Low-Noise VCO
  • 3 Redundant Input Clocks with LOS
    • Automatic and Manual Switch-Over Modes
  • 50% Duty Cycle Output Divides, 1 to 1045 (Even and Odd)
  • LVPECL, LVDS, or LVCMOS Programmable Outputs
  • Precision Digital Delay, Fixed or Dynamically Adjustable
  • 25-ps Step Analog Delay Control.
  • 6 Differential Outputs. Up to 12 Single Ended.
    • Up to 5 VCXO/Crystal Buffered Outputs
  • Clock Rates of up to 2600 MHz
  • 0-Delay Mode
  • Three Default Clock Outputs at Power Up
  • Multi-mode: Dual PLL, Single PLL, and Clock Distribution
  • Industrial Temperature Range: –40 to 85 °C
  • 3.15-V to 3.45-V Operation
  • Package: 64-Pin WQFN (9 mm × 9 mm × 0.8 mm)

The LMK04906 is the industry’s highest performance clock jitter attenuator with superior clock jitter cleaning, generation, and distribution with advanced features to meet high performance timing application needs.

The LMK04906 accepts 3 clock inputs ranging from 1 kHz to 500 MHz and generates 6 unique clock output frequencies ranging from 284 kHz to 2.6 GHz. The LMK04906 can also buffer a crystal or VCXO to generate a 7th unique clock frequency.

The device provides virtually all frequency translation combinations required for SONET, Ethernet, Fibre Channel and multi-mode Wireless Base Stations.

The LMK04906 input clock frequency and clock multiplication ratio are programmable through a SPI interface.

The LMK04906 is the industry’s highest performance clock jitter attenuator with superior clock jitter cleaning, generation, and distribution with advanced features to meet high performance timing application needs.

The LMK04906 accepts 3 clock inputs ranging from 1 kHz to 500 MHz and generates 6 unique clock output frequencies ranging from 284 kHz to 2.6 GHz. The LMK04906 can also buffer a crystal or VCXO to generate a 7th unique clock frequency.

The device provides virtually all frequency translation combinations required for SONET, Ethernet, Fibre Channel and multi-mode Wireless Base Stations.

The LMK04906 input clock frequency and clock multiplication ratio are programmable through a SPI interface.

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

比較対象デバイスと類似の機能。
LMK00101 アクティブ ユニバーサル入力、10 出力、超低ジッタ、LVCMOS ファンアウト・バッファ / レベル・シフタ LMK04806( it has additional features and better performance)

技術資料

star =TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
6 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート LMK04906 Ultralow Noise Clock Jitter Cleaner and Multiplier With 6 Programmable Outputs データシート (Rev. F) PDF | HTML 2017年 8月 11日
その他の技術資料 クロック&タイミング・ソリューション (Rev. A 翻訳版) 2013年 12月 11日
EVM ユーザー ガイド (英語) LMK04906 Family Low-Noise Clock Jitter Cleaner with Dual Loop (Rev. A) 2013年 11月 26日
アプリケーション・ノート Using the LMK0480x/LMK04906 for Hitless Switching and Holdover 2013年 7月 12日
アプリケーション・ノート AN-1939 Crystal Based Oscillator Design with the LMK04000 Family (Rev. A) 2013年 4月 26日
設計ガイド Clock Conditioner Owner's Manual 2006年 11月 10日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LMK04906BEVAL — 3 入力、7 出力、クロック・ジッタ・クリーナ、デュアル・カスケード接続 PLL および内蔵 2.5GHz VCO 付

The LMK04906 is the industry's highest performance clock conditioner with superior clock jitter cleaning, generation, and distribution with advanced features to meet next generation system requirements. The dual loop PLLatinum™ architecture enables 111 fs rms jitter (12 kHz to 20 MHz) using a low (...)

ユーザー・ガイド: PDF
TI.com で取り扱いなし
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

CLOCKDESIGNTOOL — クロック設計ツール - ループ・フィルタおよびデバイス構成+シミュレーション

The Clock Design Tool software helps with part selection, loop filter design and simulation of timing device solutions. When you enter desired output frequencies and a reference frequency (optional), the tool provides TI devices to meet the specified requirements, divider values and a recommended (...)
ユーザー・ガイド: PDF
IDE (統合開発環境)、コンパイラ、またはデバッガ

CODELOADER — CodeLoader デバイス・レジスタ・プログラミング

The CodeLoader 4 software is used to program the LMX PLLs and LMK timing devices through either the USB or line print terminal (LPT) port of a computer. This software also provides information on how to program the device by showing the bits that are actually sent.


Which software do I use?

Product

(...)

ユーザー・ガイド: PDF
シミュレーション・モデル

LMK04906 IBIS Model (Rev. C)

SNAM101C.ZIP (106 KB) - IBIS Model
設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT — Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
WQFN (NKD) 64 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

推奨製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価基板、またはリファレンス・デザインが存在する可能性があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ