製品詳細

Architecture Voltage FB Number of channels (#) 1 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 2.7 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 5.4 GBW (Typ) (MHz) 50 BW @ Acl (MHz) 105 Acl, min spec gain (V/V) 1 Slew rate (Typ) (V/us) 105 Vn at flatband (Typ) (nV/rtHz) 4.7 Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) 4.7 Iq per channel (Typ) (mA) 0.592 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 0.165 Rail-to-rail In to V-, Out Features Shutdown Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 CMRR (Typ) (dB) 110 Input bias current (Max) (pA) 520000 Offset drift (Typ) (uV/C) 0.4 Output current (Typ) (mA) 50 2nd harmonic (dBc) 120 3rd harmonic (dBc) 145 @ MHz 0.1
Architecture Voltage FB Number of channels (#) 1 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 2.7 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 5.4 GBW (Typ) (MHz) 50 BW @ Acl (MHz) 105 Acl, min spec gain (V/V) 1 Slew rate (Typ) (V/us) 105 Vn at flatband (Typ) (nV/rtHz) 4.7 Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) 4.7 Iq per channel (Typ) (mA) 0.592 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 0.165 Rail-to-rail In to V-, Out Features Shutdown Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 CMRR (Typ) (dB) 110 Input bias current (Max) (pA) 520000 Offset drift (Typ) (uV/C) 0.4 Output current (Typ) (mA) 50 2nd harmonic (dBc) 120 3rd harmonic (dBc) 145 @ MHz 0.1
SOT-23 (DBV) 6 5 mm² 2.9 x 1.6 SOT-SC70 (DCK) 5 4 mm² 2 x 2.1
  • 帯域幅: 105MHz (AV = 1V/V)
  • 非常に低い(トリムされた)消費電流: 600µA
  • ゲイン帯域幅積: 50MHz
  • スルーレート: 105V/µs
  • 負レール入力、レール・ツー・レール出力
  • 単一電源動作電圧範囲: 2.7V~5.4V
  • 25℃での入力オフセット: ±130µV (最大値)
  • 入力オフセット電圧ドリフト(DCKパッケージ):
    < ±1.6µV/℃(最大値)
  • 入力電圧ノイズ: 4.7nV/√Hz ( > 100Hz)
  • HD2: 2VPP、100kHzにおいて-120dBc
  • HD3: 2VPP、100kHzにおいて-145dBc
  • セトリング時間(0.1%) : 35ns (0.5Vステップ)
  • シャットダウン電流: 5µA、
    パワー・スケーリング・アプリケーションでシャットダウンから高速でリカバリ
  • 帯域幅: 105MHz (AV = 1V/V)
  • 非常に低い(トリムされた)消費電流: 600µA
  • ゲイン帯域幅積: 50MHz
  • スルーレート: 105V/µs
  • 負レール入力、レール・ツー・レール出力
  • 単一電源動作電圧範囲: 2.7V~5.4V
  • 25℃での入力オフセット: ±130µV (最大値)
  • 入力オフセット電圧ドリフト(DCKパッケージ):
    < ±1.6µV/℃(最大値)
  • 入力電圧ノイズ: 4.7nV/√Hz ( > 100Hz)
  • HD2: 2VPP、100kHzにおいて-120dBc
  • HD3: 2VPP、100kHzにおいて-145dBc
  • セトリング時間(0.1%) : 35ns (0.5Vステップ)
  • シャットダウン電流: 5µA、
    パワー・スケーリング・アプリケーションでシャットダウンから高速でリカバリ

OPA837およびOPA2837はシングルおよびデュアル・チャネルのユニティ・ゲイン安定、電圧帰還型アンプで、高精度オペアンプとして最高の電力対帯域幅比(MHz/mW)を実現しています。5Vの単一電源でチャネルごとの消費電流を600µAに抑えたこれらの3.0mWデバイスは、1V/Vのゲインで105MHzの帯域幅を提供します。±0.4µV/℃の標準(±1σ)ドリフトで、±130µV (最大値)という非常に低い値のトリムされたオフセット電圧を実現します。

OPAx837は、シングルエンドの逐次比較型(SAR)アナログ/デジタル・コンバータ(ADC)駆動アプリケーションに最適で、3mWの静止電力で4.7nV/√Hzという極めて低い入力スポット・ノイズ・レベルを実現します。50MHzの非常に高いゲイン帯域幅積により、SAR ADCドライバ・アプリケーションでの急速充電電流の供給に必要な高周波数に対して、低い出力インピーダンスを提供します。この低いダイナミック出力インピーダンスは、高精度ADCを搭載したリファレンス・バッファ・アプリケーションにも適しています。シングル・チャネルのOPA837は6ピンのSOT-23パッケージ(電源シャットダウン機能が含まれます)と、5ピンのSC70パッケージで供給され、デュアル・チャネルのOPA2837は8ピンのVSSOPパッケージと、10ピンのWQFNパッケージで供給されます。

OPAx837は、-40℃~+125℃の広い温度範囲で動作が規定されています。

OPA837およびOPA2837はシングルおよびデュアル・チャネルのユニティ・ゲイン安定、電圧帰還型アンプで、高精度オペアンプとして最高の電力対帯域幅比(MHz/mW)を実現しています。5Vの単一電源でチャネルごとの消費電流を600µAに抑えたこれらの3.0mWデバイスは、1V/Vのゲインで105MHzの帯域幅を提供します。±0.4µV/℃の標準(±1σ)ドリフトで、±130µV (最大値)という非常に低い値のトリムされたオフセット電圧を実現します。

OPAx837は、シングルエンドの逐次比較型(SAR)アナログ/デジタル・コンバータ(ADC)駆動アプリケーションに最適で、3mWの静止電力で4.7nV/√Hzという極めて低い入力スポット・ノイズ・レベルを実現します。50MHzの非常に高いゲイン帯域幅積により、SAR ADCドライバ・アプリケーションでの急速充電電流の供給に必要な高周波数に対して、低い出力インピーダンスを提供します。この低いダイナミック出力インピーダンスは、高精度ADCを搭載したリファレンス・バッファ・アプリケーションにも適しています。シングル・チャネルのOPA837は6ピンのSOT-23パッケージ(電源シャットダウン機能が含まれます)と、5ピンのSC70パッケージで供給され、デュアル・チャネルのOPA2837は8ピンのVSSOPパッケージと、10ピンのWQFNパッケージで供給されます。

OPAx837は、-40℃~+125℃の広い温度範囲で動作が規定されています。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
7 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート OPAx837 低消費電力、高精度、105MHz電圧帰還型オペアンプ データシート (Rev. D 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.D) PDF | HTML 2019年 1月 25日
アプリケーション・ノート Increasing Measurment Accuracy Using a Low-Noise High-Speed Amplifer 2019年 2月 5日
技術記事 Unique active mux capability combines buffer and switch into one solution 2017年 10月 10日
ユーザー・ガイド OPA837DBV Evaluation Module 2017年 6月 20日
ユーザー・ガイド OPA837DCK Evaluation Module 2017年 6月 20日
アプリケーション・ノート 高速データ変換 英語版をダウンロード 2009年 12月 11日
アプリケーション・ノート 高速オペアンプのノイズ解析 (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2007年 12月 5日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

OPA837DBVEVM — OPA837 evaluation module for DBV package

The OPA837DBVEVM is an evaluation module for the single OPA837 amplifier in the DBV (SOT23-6) package. This evaluation module is designed to quickly and easily demonstrate the functionality and versatility of the amplifier. The EVM is ready to connect to power, signal source, and test instruments (...)
TI.com で取り扱いなし
評価ボード

OPA837DCKEVM — OPA837 evaluation module for DCK package

The OPA837DCKEVM is an evaluation module for the single OPA837 amplifier in the DCK (SC70-5) package. This evaluation module is designed to quickly and easily demonstrate the functionality and versatility of the amplifier. The EVM is ready to connect to power, signal source, and test instruments (...)
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

OPA837 TINA-TI Spice Model (Rev. B)

SBOMAH2B.ZIP (13 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・モデル

OPA837 TINA-TI Reference Design (Rev. C)

SBOMAH3C.TSC (49 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

計算ツール

ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ技術者向けカリキュレータ

アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
lock = エクスポートの承認が必要 (1 分)
計算ツール

VOLT-DIVIDER-CALC — ボルテージ・デバイダは、電圧分割の為の抵抗のセットで決まります。

VOLT-DIVIDER-CALC quickly determines a set of resistors for a voltage divider. This KnowledgeBase Javascript utility can be used to find a set of resistors for a voltage divider to achieve the desired output voltage. This calculator can also be used to design non-inverting attentuation circuits.

(...)

リファレンス・デザイン

TIDA-01565 — 有線 OR MUX / PGA のリファレンス・デザイン

This board demonstrates a wired-OR multiplexer (MUX) and a programmable gain amplifier (PGA) application of the OPA837 operational amplifier. These applications are made possible with the high-impedance output of the amplifier and the high-impedance inverting input while in power-down (PD) mode. It (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01055 — 高性能 DAQ システム向け ADC リファレンス電圧バッファ最適化のリファレンス・デザイン

TIDA-01055 は高性能 DAQ システムのリファレンス・デザインで、TI の高速オペアンプ OPA837 の使用により ADC リファレンス・バッファを最適化し、SNR 特性の改善と消費電力の低減を実現します。複合バッファ構成で使用され、従来のオペアンプに比べ消費電力を 22% 改善します。バッファ内蔵リファレンス電圧源は多くの場合、チャネル数の多いシステムでの最適性能の実現に必要な駆動能力が不足しています。  このリファレンス・デザインは複数の ADC を駆動可能なほか、18 ビット 2MSPS 逐次比較型(SAR)ADC を使用して、15.77 ビットのシステム (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
SC70 (DCK) 5 オプションの表示
SOT-23 (DBV) 6 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ