製品詳細

Number of channels (#) 1 Vs (Max) (V) 5.5 Vs (Min) (V) 1.8 Input offset (+/-) (Max) (uV) 1200 Gain (Min) (V/V) 10 Gain (Max) (V/V) 50 Noise at 1 kHz (Typ) (nV/rt (Hz)) 43 Features Cost Optimized, Shutdown CMRR (Min) (dB) 85 Iq (Typ) (mA) 0.1 Bandwidth at min gain (Typ) (MHz) 0.1 Gain error (+/-) (Max) (%) 0.6 Operating temperature range (C) -40 to 125 Type Selectable gain Output swing headroom (to negative supply) (Typ) (V) 0.015 Output swing headroom (to positive supply) (Typ) (V) 0.015 Input common mode headroom (to negative supply) (Typ) (V) 0 Input common mode headroom (to positive supply) (Typ) (V) 0 Noise at 0.1 Hz-10 Hz (Typ) (uVpp) 4
Number of channels (#) 1 Vs (Max) (V) 5.5 Vs (Min) (V) 1.8 Input offset (+/-) (Max) (uV) 1200 Gain (Min) (V/V) 10 Gain (Max) (V/V) 50 Noise at 1 kHz (Typ) (nV/rt (Hz)) 43 Features Cost Optimized, Shutdown CMRR (Min) (dB) 85 Iq (Typ) (mA) 0.1 Bandwidth at min gain (Typ) (MHz) 0.1 Gain error (+/-) (Max) (%) 0.6 Operating temperature range (C) -40 to 125 Type Selectable gain Output swing headroom (to negative supply) (Typ) (V) 0.015 Output swing headroom (to positive supply) (Typ) (V) 0.015 Input common mode headroom (to negative supply) (Typ) (V) 0 Input common mode headroom (to positive supply) (Typ) (V) 0 Noise at 0.1 Hz-10 Hz (Typ) (uVpp) 4
SOT-23-THN (DDF) 8 8 mm² 2.9 x 2.8 WSON (DSG) 8 WSON (DSG) 8 4 mm² 2 x 2
  • Ideal for size, cost, and power conscious designs
  • Selectable gain options
    • G = 10 or G = 20 (INA350ABS)
    • G = 30 or G = 50 (INA350CDS)
  • Space saving ultra-small package options
    • 10-pin X2QFN (RUG) – 3 mm2
    • 8-pin WSON (DSG) – 4 mm2
    • 8-pin SOT23-THN (DDF) – 4.64 mm2
  • Optimized performance for 10-bit to 14-bit systems
    • CMRR: 95 dB (typ) across all gains
    • Offset voltage: 0.2 mV (typ) across all gains
    • Gain error (typ):
      • 0.05% for G = 10; 0.06% for G = 20
      • 0.075% for G = 30; 0.082% for G = 50
  • Bandwidth: 100 kHz for G = 10 (typ)
  • Drives 500 pF with less than 20% overshoot (typ)
  • Optimized quiescent current: 100 µA (typ)
  • Shutdown option for power conscious applications
  • Supply range: 1.8 V (±0.9 V) to 5.5 V (±2.75 V)
  • Specified temperature range: –40°C to 125°C
  • Ideal for size, cost, and power conscious designs
  • Selectable gain options
    • G = 10 or G = 20 (INA350ABS)
    • G = 30 or G = 50 (INA350CDS)
  • Space saving ultra-small package options
    • 10-pin X2QFN (RUG) – 3 mm2
    • 8-pin WSON (DSG) – 4 mm2
    • 8-pin SOT23-THN (DDF) – 4.64 mm2
  • Optimized performance for 10-bit to 14-bit systems
    • CMRR: 95 dB (typ) across all gains
    • Offset voltage: 0.2 mV (typ) across all gains
    • Gain error (typ):
      • 0.05% for G = 10; 0.06% for G = 20
      • 0.075% for G = 30; 0.082% for G = 50
  • Bandwidth: 100 kHz for G = 10 (typ)
  • Drives 500 pF with less than 20% overshoot (typ)
  • Optimized quiescent current: 100 µA (typ)
  • Shutdown option for power conscious applications
  • Supply range: 1.8 V (±0.9 V) to 5.5 V (±2.75 V)
  • Specified temperature range: –40°C to 125°C

INA350 is a selectable-gain instrumentation amplifier that offers four gain options across INA350ABS and INA350CDS variants available in small packages. INA350ABS has gain options of 10 or 20 and INA350CDS has gain options of 30 or 50. These gain options can be selected by toggling the gain select (GS) pin. INA350 is ideal for bridge-type sensing and for differential to single-ended conversion applications.

Built with precision matched integrated resistors, INA350 saves on BOM costs, pick-and-place machine handling costs, and board space by removing the need for precise or closely-matched external resistors. The device interface directly to low-speed, 10-bit to 14-bit, analog-to-digital converters (ADC) and is ideal for replacing discrete implementation of instrumentation amplifiers built with commodity amplifiers and discrete resistors.

Designed with the three-amplifier architecture, INA350 is optimized for delivering performance. It achieves 85 dB of minimum CMRR and 0.6% of maximum gain error, along with 1.2 mV of maximum offset across all gain options, while consuming just 125 µA of maximum quiescent current. It has an integrated shutdown option to turn off the amplifier when idle for additional power savings in battery powered applications.

INA350 is a selectable-gain instrumentation amplifier that offers four gain options across INA350ABS and INA350CDS variants available in small packages. INA350ABS has gain options of 10 or 20 and INA350CDS has gain options of 30 or 50. These gain options can be selected by toggling the gain select (GS) pin. INA350 is ideal for bridge-type sensing and for differential to single-ended conversion applications.

Built with precision matched integrated resistors, INA350 saves on BOM costs, pick-and-place machine handling costs, and board space by removing the need for precise or closely-matched external resistors. The device interface directly to low-speed, 10-bit to 14-bit, analog-to-digital converters (ADC) and is ideal for replacing discrete implementation of instrumentation amplifiers built with commodity amplifiers and discrete resistors.

Designed with the three-amplifier architecture, INA350 is optimized for delivering performance. It achieves 85 dB of minimum CMRR and 0.6% of maximum gain error, along with 1.2 mV of maximum offset across all gain options, while consuming just 125 µA of maximum quiescent current. It has an integrated shutdown option to turn off the amplifier when idle for additional power savings in battery powered applications.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
6 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート INA350 Cost and Size Optimized, Low Power, 1.8-V to 5.5-V Selectable Gain Instrumentation Amplifier データシート (Rev. B) PDF | HTML 2022年 4月 4日
その他の技術資料 Discrete to Instrumentation Amplifier Solution PDF | HTML 2022年 6月 13日
その他の技術資料 Bridge Sensor Buffered INA to ADC PDF | HTML 2022年 5月 25日
技術記事 What is an instrumentation amplifier? 2019年 8月 9日
技術記事 How to layout a PCB for an instrumentation amplifier 2016年 10月 14日
技術記事 Dealing with rejection: Instrumentation amplifier PSRR and CMRR (Part I) 2013年 11月 25日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

SMALL-AMP-DIP-EVM — SMALL-AMP-DIP-EVM

The Small-Amp-DIP-EVM speeds up small package op amp prototyping by providing a fast and easy way to interface with many industry-standard small-size packages. The Small-Amp-DIP-EVM supports 8 small package options including: DPW-5 (X2SON), DSG-8 (WSON), DCN-8 (SOT), DDF-8 (SOT), RUG-10 (X2QFN), (...)
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

INA350 G10 TINA-TI Reference Design (Rev. C) INA350 G10 TINA-TI Reference Design (Rev. C)

シミュレーション・モデル

INA350 G10 TINA-TI Spice Model (Rev. B) INA350 G10 TINA-TI Spice Model (Rev. B)

シミュレーション・モデル

INA350 G20 PSpice Model (Rev. B) INA350 G20 PSpice Model (Rev. B)

シミュレーション・モデル

INA350 G20 TINA-TI Spice Model (Rev. B) INA350 G20 TINA-TI Spice Model (Rev. B)

シミュレーション・モデル

INA350 G20 TINA-TI Reference Design (Rev. C) INA350 G20 TINA-TI Reference Design (Rev. C)

シミュレーション・モデル

INA350 G10 PSpice Model (Rev. B) INA350 G10 PSpice Model (Rev. B)

シミュレーション・モデル

INA350 G30 PSpice Model (Rev. B) INA350 G30 PSpice Model (Rev. B)

シミュレーション・モデル

INA350 G30 TINA-TI Spice Model (Rev. B) INA350 G30 TINA-TI Spice Model (Rev. B)

シミュレーション・モデル

INA350 G30 TINA-TI Reference Design (Rev. C) INA350 G30 TINA-TI Reference Design (Rev. C)

シミュレーション・モデル

INA350 G50 PSpice Model (Rev. B) INA350 G50 PSpice Model (Rev. B)

シミュレーション・モデル

INA350 G50 TINA-TI Reference Design (Rev. C) INA350 G50 TINA-TI Reference Design (Rev. C)

シミュレーション・モデル

INA350 G50 TINA-TI Spice Model (Rev. B) INA350 G50 TINA-TI Spice Model (Rev. B)

シミュレーション・モデル

Bridge Sensor Solution TINA-TI Reference Design Bridge Sensor Solution TINA-TI Reference Design

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

計算ツール

ANALOG-ENGINEER-CALC アナログ技術者向けカリキュレータ

アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
lock = エクスポートの承認が必要 (1 分)
パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23-THIN (DDF) 8 オプションの表示
WSON (DSG) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ