製品詳細

Common mode voltage (Max) (V) 26 Common mode voltage (Min) (V) -0.2 Input offset (+/-) (Max) (uV) 150 Input offset drift (+/-) (Typ) (uV/C) 0.2 Gain (V/V) 100, 20, 200, 50 Gain error (%) 1 Gain error drift (+/-) (Max) (ppm/°C) 20 CMRR (Min) (dB) 84 Bandwidth (kHz) 350, 210, 150, 105 Supply voltage (Max) (V) 5.5 Supply voltage (Min) (V) 2.7 Iq (Max) (mA) 0.5 Number of channels (#) 2 Comparators (#) 0 Features Dual channel, Low-side Capable Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125
Common mode voltage (Max) (V) 26 Common mode voltage (Min) (V) -0.2 Input offset (+/-) (Max) (uV) 150 Input offset drift (+/-) (Typ) (uV/C) 0.2 Gain (V/V) 100, 20, 200, 50 Gain error (%) 1 Gain error drift (+/-) (Max) (ppm/°C) 20 CMRR (Min) (dB) 84 Bandwidth (kHz) 350, 210, 150, 105 Supply voltage (Max) (V) 5.5 Supply voltage (Min) (V) 2.7 Iq (Max) (mA) 0.5 Number of channels (#) 2 Comparators (#) 0 Features Dual channel, Low-side Capable Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125
VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9 WSON (DSG) 8 4 mm² 2 x 2
  • 同相範囲 (VCM):–0.2V~+26V
  • 広い帯域幅:350kHz (A1 デバイス)
  • オフセット電圧:
    • VCM = 0V で ±150µV 以下
    • VCM = 12 V で ±500µV 以下
  • 出力スルーレート:2V/µs
  • 精度:
    • ゲイン誤差 1% (最大値)
    • オフセット・ドリフト 1µV/℃ (最大値)
  • ゲイン・オプション:
    • 20V/V (A1 デバイス)
    • 50V/V (A2 デバイス)
    • 100V/V (A3 デバイス)
    • 200V/V (A4 デバイス)
  • 静止電流:最大 260µA (INA180)
  • 同相範囲 (VCM):–0.2V~+26V
  • 広い帯域幅:350kHz (A1 デバイス)
  • オフセット電圧:
    • VCM = 0V で ±150µV 以下
    • VCM = 12 V で ±500µV 以下
  • 出力スルーレート:2V/µs
  • 精度:
    • ゲイン誤差 1% (最大値)
    • オフセット・ドリフト 1µV/℃ (最大値)
  • ゲイン・オプション:
    • 20V/V (A1 デバイス)
    • 50V/V (A2 デバイス)
    • 100V/V (A3 デバイス)
    • 200V/V (A4 デバイス)
  • 静止電流:最大 260µA (INA180)

INA180、INA2180、INA4180 (INAx180) 電流センス・アンプは、コスト最適化アプリケーション用に設計されています。これらのデバイスは、電流センス・アンプ (電流シャント・モニタとも呼ばれます) のファミリに属し、電源電圧にかかわらず、-0.2V~+26V の同相電圧において、電流センス抵抗の両端の電圧降下を検出できます。INAx180 は、整合抵抗ゲイン回路を、4 つの固定ゲイン・デバイス・オプション(20V/V、50V/V、100V/V、または 200V/V) に統合しています。この整合ゲイン抵抗回路により、ゲイン誤差が最小限に抑えられ、温度ドリフトが低減されます。

これらのデバイスはすべて、単一の 2.7V~5.5V 電源で動作します。シングル・チャネルの INA180 は最大消費電流が 260µA で、デュアル・チャネルの INA2180 は 500µA、クワッド・チャネルは 900µA です。

INA180 は 5 ピンの SOT-23 パッケージで供給され、2 つの異なるピン構成を選択できます。INA2180 は 8 ピンの VSSOP および WSON パッケージで供給されます。INA4180 は 14 ピンの TSSOP パッケージで供給されます。すべてのデバイス・オプションは、拡張動作温度範囲の -40℃~+125℃ で動作が規定されています。

INA180、INA2180、INA4180 (INAx180) 電流センス・アンプは、コスト最適化アプリケーション用に設計されています。これらのデバイスは、電流センス・アンプ (電流シャント・モニタとも呼ばれます) のファミリに属し、電源電圧にかかわらず、-0.2V~+26V の同相電圧において、電流センス抵抗の両端の電圧降下を検出できます。INAx180 は、整合抵抗ゲイン回路を、4 つの固定ゲイン・デバイス・オプション(20V/V、50V/V、100V/V、または 200V/V) に統合しています。この整合ゲイン抵抗回路により、ゲイン誤差が最小限に抑えられ、温度ドリフトが低減されます。

これらのデバイスはすべて、単一の 2.7V~5.5V 電源で動作します。シングル・チャネルの INA180 は最大消費電流が 260µA で、デュアル・チャネルの INA2180 は 500µA、クワッド・チャネルは 900µA です。

INA180 は 5 ピンの SOT-23 パッケージで供給され、2 つの異なるピン構成を選択できます。INA2180 は 8 ピンの VSSOP および WSON パッケージで供給されます。INA4180 は 14 ピンの TSSOP パッケージで供給されます。すべてのデバイス・オプションは、拡張動作温度範囲の -40℃~+125℃ で動作が規定されています。

ダウンロード

お客様が関心を持ちそうな類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと類似の機能。
INA2290 アクティブ デュアルチャネル、2.7V ~ 120V、1.1MHz、超高精度電流センス・アンプ High-voltage dual-channel current sense amplifier

技術資料

star = TI が選定したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
13 をすべて表示
種類 タイトル 最新の英語版をダウンロード 日付
* データシート INAx180 ローサイドおよびハイサイド電圧出力、電流センス・アンプ データシート (Rev. H 翻訳版) PDF | HTML 英語版をダウンロード (Rev.H) PDF | HTML 2022年 9月 9日
アプリケーション・ノート Using a Copper Trace as a Shunt PDF | HTML 2022年 1月 25日
アプリケーション・ノート Common Uses for Multichannel Current Monitoring (Rev. A) PDF | HTML 2021年 9月 27日
セレクション・ガイド Current Sense Amplifiers (Rev. E) 2021年 9月 20日
技術記事 Solving the multidecade current-measurement challenge in your 48-V BMS application 2021年 6月 14日
技術記事 How current-sense amplifiers monitor satellite health 2021年 2月 8日
e-Book(PDF) Simplifying Current Sensing (Rev. A) 2020年 1月 9日
e-Book(PDF) 電流センス・アンプで 電流センシング設計時の 問題を解決 (Rev. A 翻訳版) 2020年 1月 9日
技術記事 Why current and magnetic sensing matters for wireless earbud design 2019年 11月 11日
技術記事 A key to accurate system thermal management: monitoring both current flow and temperature 2018年 10月 4日
アプリケーション・ノート Using ZOUT to Evaluate Capacitive Load Stability of Current Sense Amplifiers 2017年 10月 27日
EVM ユーザー ガイド (英語) INA218xEVM User's Guide 2017年 8月 25日
アプリケーション・ノート ローサイド電流検出回路のインテグレーション 英語版をダウンロード 2017年 4月 28日

設計および開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

INA2180-2181EVM — INA2180-2181 出力電流センス・アンプの評価ボード

The INA2180 is an integrated current sense monitor solution that provides ease of use and high performance for cost-sensitive applications. The INA2181 shares the same capabilities with the support for bidirectional current measurements. The INA2180-2181EVM is intended to provide basic functional (...)
TI.com で取り扱いなし
シミュレーション・モデル

INA180 PSpice Model (Rev. A)

SBOMAD0A.ZIP (119 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

INA180 TINA-TI Reference Design (Rev. A)

SBOMAD1A.TSC (2797 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル

INA180 TINA-TI Spice Model (Rev. A)

SBOMAD2A.ZIP (37 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — TI Design / シミュレーション・ツール向け PSpice®

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
シミュレーション・ツール

TINA-TI — SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム

TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft (...)

ユーザー・ガイド: PDF
英語版をダウンロード (Rev.A): PDF
計算ツール

CS-AMPLIFIER-ERROR-TOOL — 電流センス・アンプの比較およびエラー・ツール

この Excel カリキュレータは、 2 ~ 5 個の TI の標準的な電流センス・アンプを比較し、各デバイスの基本的なパラメータを含むチャートを提示します。また、このカリキュレータは同相電圧、電源電圧、シャント抵抗値、公差など、ユーザーによるシステム条件入力を受け入れ、調整可能な電流範囲全体で誤差曲線をプロットします。加えて、このカリキュレータは、計算で求めたフルスケール入力電圧を、測定した最大電流で割った値に基づいて、シャントの最大値 (mΩ) を出力します。
設計ツール

CIRCUIT060035 — ウィンドウ・コンパレータ回路を使用した双方向電流センシング

この双方向電流センシング・ソリューションは、1 個の電流センス・アンプと 1 個の高速デュアル・コンパレータを使用し、レール・ツー・レールの入力同相範囲に対応しているほか、入力電流 (IG1) が 100A を上回った場合や -35A を下回った場合に、コンパレータ出力 (OUTA と OUTB) で過電流 (OC) アラート信号を生成することができます。この実装は、両方の過電流アラート信号をアクティブ・ハイに設定しているので、100A または -35A (...)
設計ツール

CIRCUIT060037 — 高精度の過電流ラッチ回路

このハイサイド電流センシング・ソリューションは、1 個の電流センス・アンプ、電圧リファレンスを内蔵した 1 個のコンパレータ、1 個の P チャネル MOSFET を使用して、過電流ラッチ回路を作成しています。200mA を上回る負荷電流を検出した時点で、この回路はシステムを電源から接続解除します。回路に供給する電力のサイクル、つまり電力供給を一度オフにしてもう一度電力供給を開始するまで、コンパレータの出力はラッチ状態になります (P チャネル MOSFET のゲート・ソース間電圧を 0V に維持)。このコンパレータは P チャネル MOSFET (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-00302 — 堅牢な過渡特性の電流シャント・モニタ、リファレンス・デザイン

This high-side current shunt monitor is used to measure the voltage developed across a current-sensing resistor when current passes through it.

Additionally, an external protection circuit is implemented to provide surge and fast-transient protection and demonstrate the different immunity levels to (...)

回路図: PDF
パッケージ ピン数 ダウンロード
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示
WSON (DSG) 8 オプションの表示

購入と品質

記載されている情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating / リフローピーク温度
  • MTBF/FIT 推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください。

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI サポートをご覧ください。​​​​​​​​​​​​​​

ビデオ